食中毒を起こす代表的な菌。日本では、サルモネラ菌と並んで発生件数の最も多い食中毒の一つです。魚を生食する習慣のないアメリカ合衆国やヨーロッパではあまり見られない菌です。多くは、刺身や寿司など、生の魚介類によるからです。

生の魚貝類や漬物、サラダなどが感染源です。赤ちゃんには生野菜を食べさせないようにといわれますが、この食中毒予防の意味もあります。

潜伏期間は約7~20時間で、食べてから半日以上たって、水のような下痢、熱、腹痛などが起こります。かなり激しい急性胃腸炎症状を起こします。

ビブリオ菌を予防するには、魚介類を調理する時には、真水でよく洗うこと、しっかりと加熱することが最も重要です。ビブリオ菌は、真水や高温に弱い菌なので有効です。

また、調理する人は、手もよく石鹸で洗うことが大切です。まな板や包丁、ふきんなどの調理器具もよく洗い、清潔にしておく必要があります。

増殖がとても早い菌なので、夏場はとくに注意が必要です。生の魚介類を常温で絶対放置しないように気を付けましょう。すぐに食べない時は、低温にも弱い菌なので、必ず冷蔵庫で保存します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    2. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    3. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…

    ピックアップ記事

    1. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    2. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    ページ上部へ戻る