食中毒を起こす代表的な菌。日本では、サルモネラ菌と並んで発生件数の最も多い食中毒の一つです。魚を生食する習慣のないアメリカ合衆国やヨーロッパではあまり見られない菌です。多くは、刺身や寿司など、生の魚介類によるからです。

生の魚貝類や漬物、サラダなどが感染源です。赤ちゃんには生野菜を食べさせないようにといわれますが、この食中毒予防の意味もあります。

潜伏期間は約7~20時間で、食べてから半日以上たって、水のような下痢、熱、腹痛などが起こります。かなり激しい急性胃腸炎症状を起こします。

ビブリオ菌を予防するには、魚介類を調理する時には、真水でよく洗うこと、しっかりと加熱することが最も重要です。ビブリオ菌は、真水や高温に弱い菌なので有効です。

また、調理する人は、手もよく石鹸で洗うことが大切です。まな板や包丁、ふきんなどの調理器具もよく洗い、清潔にしておく必要があります。

増殖がとても早い菌なので、夏場はとくに注意が必要です。生の魚介類を常温で絶対放置しないように気を付けましょう。すぐに食べない時は、低温にも弱い菌なので、必ず冷蔵庫で保存します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 日本脳炎

      日本脳炎ウイルスに感染して脳に障害が起こる病気です。 豚が持つウイルスが、コガタアカイエカ…
    2. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    3. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    2. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    3. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    ページ上部へ戻る