食中毒を起こす代表的な菌。日本では、サルモネラ菌と並んで発生件数の最も多い食中毒の一つです。魚を生食する習慣のないアメリカ合衆国やヨーロッパではあまり見られない菌です。多くは、刺身や寿司など、生の魚介類によるからです。

生の魚貝類や漬物、サラダなどが感染源です。赤ちゃんには生野菜を食べさせないようにといわれますが、この食中毒予防の意味もあります。

潜伏期間は約7~20時間で、食べてから半日以上たって、水のような下痢、熱、腹痛などが起こります。かなり激しい急性胃腸炎症状を起こします。

ビブリオ菌を予防するには、魚介類を調理する時には、真水でよく洗うこと、しっかりと加熱することが最も重要です。ビブリオ菌は、真水や高温に弱い菌なので有効です。

また、調理する人は、手もよく石鹸で洗うことが大切です。まな板や包丁、ふきんなどの調理器具もよく洗い、清潔にしておく必要があります。

増殖がとても早い菌なので、夏場はとくに注意が必要です。生の魚介類を常温で絶対放置しないように気を付けましょう。すぐに食べない時は、低温にも弱い菌なので、必ず冷蔵庫で保存します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    2. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    3. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…

    ピックアップ記事

    1. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    2. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    3. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    ページ上部へ戻る