様々な病気の原因となるブドウ球菌ですが、食中毒の原因としても知られています。ブドウ球菌歯健康な人の皮膚に普通にいる細菌です。多くは、調理した人の手を介して食品にブドウ球菌がつくのが原因です。

魚貝類、肉の加工食品、生クリームなどの乳製品、おにぎり、いなり寿司、弁当などからブドウ球菌に感染して食中毒を起こす場合があります。食べてから短時間(4時間程度)以内に嘔吐、下痢、腹痛などが出た場合は、ブドウ球菌が原因でしょう。食中毒の場合は、比較的軽症で終わることが多いようです。潜伏期間は1~6時間です。

食中毒は、水分と食事療法が基本の治療となります。腹痛や嘔吐症状が強い期間は、無理に食べさせないようにします。吐きけが強い時に飲ませたりするとよけい吐きやすくなります。吐き気や嘔吐が落ち着いてきたら、水分を少しずつ飲ませても大丈夫です。乳幼児用イオン飲料や野菜スープ、薄めた林檎ジュースなどがいいようです。食欲が出てきたら、水分だけでなく、お粥などの脂肪の少ない消化のよいものを中心に食べさせるようにします。

ブドウ球菌食中毒に限らず、すべての食中毒を起こさないためには、下記の点に注意しましょう。

  • 食材はよく洗い、十分に加熱し、調理したらすぐ食べるようにしましょう。
  • 新鮮な食材を使い、早めに使いきるよう工夫しましょう。
  • 手は清潔に、調理前には石鹸でよく洗うようにしましょう。
  • 刺身、寿司、生卵などの生食は、乳幼児にはあまり食べさせないようにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    3. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…

    ピックアップ記事

    1. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    2. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    3. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    ページ上部へ戻る