様々な病気の原因となるブドウ球菌ですが、食中毒の原因としても知られています。ブドウ球菌歯健康な人の皮膚に普通にいる細菌です。多くは、調理した人の手を介して食品にブドウ球菌がつくのが原因です。

魚貝類、肉の加工食品、生クリームなどの乳製品、おにぎり、いなり寿司、弁当などからブドウ球菌に感染して食中毒を起こす場合があります。食べてから短時間(4時間程度)以内に嘔吐、下痢、腹痛などが出た場合は、ブドウ球菌が原因でしょう。食中毒の場合は、比較的軽症で終わることが多いようです。潜伏期間は1~6時間です。

食中毒は、水分と食事療法が基本の治療となります。腹痛や嘔吐症状が強い期間は、無理に食べさせないようにします。吐きけが強い時に飲ませたりするとよけい吐きやすくなります。吐き気や嘔吐が落ち着いてきたら、水分を少しずつ飲ませても大丈夫です。乳幼児用イオン飲料や野菜スープ、薄めた林檎ジュースなどがいいようです。食欲が出てきたら、水分だけでなく、お粥などの脂肪の少ない消化のよいものを中心に食べさせるようにします。

ブドウ球菌食中毒に限らず、すべての食中毒を起こさないためには、下記の点に注意しましょう。

  • 食材はよく洗い、十分に加熱し、調理したらすぐ食べるようにしましょう。
  • 新鮮な食材を使い、早めに使いきるよう工夫しましょう。
  • 手は清潔に、調理前には石鹸でよく洗うようにしましょう。
  • 刺身、寿司、生卵などの生食は、乳幼児にはあまり食べさせないようにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    2. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    3. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…

    ピックアップ記事

    1. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    2. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    3. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    ページ上部へ戻る