うんちが硬くて赤ちゃんがたいへんな場合は、食事の工夫をしてみましょう。ウンチがスムーズに出るような食事には次のものがあります。

・食物繊維の多いもの:トマト、大根、青菜、豆類、柑橘類、りんご、プラムなど
・腸内発酵をおこすもの:サツマイモや、乳製品など
・水分の多いもの:寒天で作ったゼリー類など
・油分:バター、マーガリン、など(離乳食は「煮物」が多いので、油分が足りないことがあります)

それでも効果がない場合は、お医者さんに相談しましょう。便秘のためにお尻が切れたり、お腹が張りすぎて痛いことが続くと、
ウンチをすることが「不快」なものになってしまいます。そうなるとウンチを我慢してしまい、ますます便秘がひどくなるという、「悪循環」
をおこします。

この悪循環をたつには、毎日の排便習慣をつけることが大切。便が固すぎるようなら、食事内容に気をつけたり、便を柔らかくする薬
(緩下剤)を使ったりして、楽にでるようにします。「ウンチは快感!」となるように、工夫してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    2. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    3. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…

    ピックアップ記事

    1. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    2. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    3. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    ページ上部へ戻る