うんちが硬くて赤ちゃんがたいへんな場合は、食事の工夫をしてみましょう。ウンチがスムーズに出るような食事には次のものがあります。

・食物繊維の多いもの:トマト、大根、青菜、豆類、柑橘類、りんご、プラムなど
・腸内発酵をおこすもの:サツマイモや、乳製品など
・水分の多いもの:寒天で作ったゼリー類など
・油分:バター、マーガリン、など(離乳食は「煮物」が多いので、油分が足りないことがあります)

それでも効果がない場合は、お医者さんに相談しましょう。便秘のためにお尻が切れたり、お腹が張りすぎて痛いことが続くと、
ウンチをすることが「不快」なものになってしまいます。そうなるとウンチを我慢してしまい、ますます便秘がひどくなるという、「悪循環」
をおこします。

この悪循環をたつには、毎日の排便習慣をつけることが大切。便が固すぎるようなら、食事内容に気をつけたり、便を柔らかくする薬
(緩下剤)を使ったりして、楽にでるようにします。「ウンチは快感!」となるように、工夫してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    2. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…

    ピックアップ記事

    1. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    2. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    3. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    ページ上部へ戻る