母乳やミルクを飲んでいる生後4、5ヶ月までの赤ちゃんでは、ほんとうの便秘というのはあまり起こりません。

1日に何回もでる子もいれば、何日かに1回の子もいて、赤ちゃんそれぞれ、みんな違います。母乳・ミルクの飲みもよく、
元気にしていて、体重も順調に増えているようなら、病気ではありません。ただし、1週間近くも出なかったり、
母乳やミルクをあまり飲まなくなった場合は、医師に相談してください。

ウンチをするのが辛そうな時は、一日に2~3回のペースで、赤ちゃんのお腹をマッサージしてみましょう。
お腹を軽く押しながら時計回りで「の」の字を書くように回してみます。これにより、腸の働きが活発になるため効果的です。

赤ちゃんが体をたっぷり動かすことも大切です。自由に身動きできるように、身軽な服装で、たくさん運動させましょう。
外へ出かけて外気浴、お散歩もして下さい。

また、ベビーオイルなどにひたした綿棒を1cmくらい肛門に出し入れし、刺激するというのも有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    2. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    3. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…

    ピックアップ記事

    1. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    2. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    3. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    ページ上部へ戻る