スポンサードリンク

母乳やミルクを飲んでいる生後4、5ヶ月までの赤ちゃんでは、ほんとうの便秘というのはあまり起こりません。

1日に何回もでる子もいれば、何日かに1回の子もいて、赤ちゃんそれぞれ、みんな違います。母乳・ミルクの飲みもよく、
元気にしていて、体重も順調に増えているようなら、病気ではありません。ただし、1週間近くも出なかったり、
母乳やミルクをあまり飲まなくなった場合は、医師に相談してください。

ウンチをするのが辛そうな時は、一日に2~3回のペースで、赤ちゃんのお腹をマッサージしてみましょう。
お腹を軽く押しながら時計回りで「の」の字を書くように回してみます。これにより、腸の働きが活発になるため効果的です。

赤ちゃんが体をたっぷり動かすことも大切です。自由に身動きできるように、身軽な服装で、たくさん運動させましょう。
外へ出かけて外気浴、お散歩もして下さい。

また、ベビーオイルなどにひたした綿棒を1cmくらい肛門に出し入れし、刺激するというのも有効です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    2. AN001_L

      神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    3. AN001_L

      斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    2. AN001_L
      処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    3. AN001_L
      あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    ページ上部へ戻る