生後6ヶ月前後の離乳期の元気な赤ちゃんが急にぐったりして、顔色が蒼白(血の気が引く状態)になり、
粘液の混じった血液がウンチに混じってきたら、腸重積症が疑われます。

この病気は赤ちゃんの病気では特にこわいもので、早く見つけて的確な処置が必要です。男の子が女の子の2倍ほどいます。

腸が重なってくると、5~10分おきぐらいの間隔で強い腹痛が起こります。そのため赤ちゃんは顔色が蒼白になり、
急に激しく泣いたかと思うとしばらくウトウトして、また泣くということを繰り返します。この泣き方は「火をつけたような」
という激しいものになります。

赤ちゃんが周期的に激しく泣いて、吐いたり青ざめたりしていたら大至急病院へ行きましょう。
緊急を要するので夜中でも救急病院へ急いでください。血便が出たときは、血便のついたおむつを忘れずに持参してください。
ウンチがおかしい時には、現物を医師に見せると、それだけで診断がつき、早く治療できることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    2. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    3. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…

    ピックアップ記事

    1. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    2. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    3. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    ページ上部へ戻る