生後6ヶ月前後の離乳期の元気な赤ちゃんが急にぐったりして、顔色が蒼白(血の気が引く状態)になり、
粘液の混じった血液がウンチに混じってきたら、腸重積症が疑われます。

この病気は赤ちゃんの病気では特にこわいもので、早く見つけて的確な処置が必要です。男の子が女の子の2倍ほどいます。

腸が重なってくると、5~10分おきぐらいの間隔で強い腹痛が起こります。そのため赤ちゃんは顔色が蒼白になり、
急に激しく泣いたかと思うとしばらくウトウトして、また泣くということを繰り返します。この泣き方は「火をつけたような」
という激しいものになります。

赤ちゃんが周期的に激しく泣いて、吐いたり青ざめたりしていたら大至急病院へ行きましょう。
緊急を要するので夜中でも救急病院へ急いでください。血便が出たときは、血便のついたおむつを忘れずに持参してください。
ウンチがおかしい時には、現物を医師に見せると、それだけで診断がつき、早く治療できることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    2. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    3. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…

    ピックアップ記事

    1. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    2. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    3. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    ページ上部へ戻る