赤ちゃんが下痢をしやすいのは、消化器が短くて胃腸の粘膜が弱いためです。ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまいます。

下痢をしていると、赤ちゃんの体内の水分が急激に失われ、脱水症状を起こすこともあるので、水分をたくさん取らせましょう。

便がいつもよりずっとゆるく、回数も極端に多い。赤ちゃんが不機嫌になり、あやしても笑わない。全然飲まなくなり、顔色が悪い。
このような時は小児科を受診してください。また、便の色が白っぽくなったり、血液が混じっている、粘液が混じる、発熱・嘔吐・
発疹を伴う時は早めに受診しましょう。

下痢の場合、便には感染源となる細菌やウイルスが含まれていることが多いです。おむつ替えをしたら、必ず、
爪の間まで薬用石けんを使ってしっかり洗い、二次感染を防ぎましょう。

家庭でのケア

下痢をしていると、赤ちゃんの体内の水分が急激に失われ、脱水症状を起こすこともあるので、水分をたくさん取らせましょう。
湯冷ましや野菜スープをたっぷり飲ませ、脱水症を予防してください。糖分は下痢を悪化させることもあるので、
果汁を与えるのならりんごを選んでください。

そして、ミルクや離乳食は、赤ちゃんの様子を見ながら量を加減します。離乳食はふだんより柔らかめのものにしますが、
肉や魚などの脂肪分を多く含むものは消化しにくいので避けたいもの。症状がひどいときには中断します。下痢が治って再開するときは、
柔らかいものから少量ずつはじめましょう。

でも、赤ちゃんの場合は便の緩さが1ヶ月も続いていても、哺乳量は増加し、機嫌も良く、体重がしっかり増えているなら心配いりません。
こまめにおむつを交換したり、座浴をしてお尻を清潔にします。ベビーパウダーなどはつけないで、清潔と乾燥を心がけ、
オムツかぶれを防ぎましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    2. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る