急性腎不全とは、腎臓に炎症がおこり、腎機能が低下する病気です。突然尿が出なくなるため、血液中に老廃物がたまって、
むくみや高血圧のほかに食欲不振、倦怠感、頭痛、吐き気などの症状がみられます。

重くなると意識障害におちいり、けいれんを引き起こしたりします。重症の脱水症状や、やけど、また、いろいろな病気が原因で、
急激に腎臓が障害を受けたとき、腎臓に血液が通わなくなっておこります。

最近増えているのが、溶血性尿毒症症候群による急性腎不全です。これは、O-157に感染して発病する重症の腎障害ですが、
おもに生の牛肉に付着している大腸菌がだす毒素が原因でおこります。

入院して、まずは原因となる病気の治療を行います。また、透析をおこなって、腎機能が回復するのを待ちます。尿の出がよくなったら、
安静、食事療法、薬物療法を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    2. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    2. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    3. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    ページ上部へ戻る