急性腎不全とは、腎臓に炎症がおこり、腎機能が低下する病気です。突然尿が出なくなるため、血液中に老廃物がたまって、
むくみや高血圧のほかに食欲不振、倦怠感、頭痛、吐き気などの症状がみられます。

重くなると意識障害におちいり、けいれんを引き起こしたりします。重症の脱水症状や、やけど、また、いろいろな病気が原因で、
急激に腎臓が障害を受けたとき、腎臓に血液が通わなくなっておこります。

最近増えているのが、溶血性尿毒症症候群による急性腎不全です。これは、O-157に感染して発病する重症の腎障害ですが、
おもに生の牛肉に付着している大腸菌がだす毒素が原因でおこります。

入院して、まずは原因となる病気の治療を行います。また、透析をおこなって、腎機能が回復するのを待ちます。尿の出がよくなったら、
安静、食事療法、薬物療法を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    2. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    2. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    3. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    ページ上部へ戻る