急性腎不全とは、腎臓に炎症がおこり、腎機能が低下する病気です。突然尿が出なくなるため、血液中に老廃物がたまって、
むくみや高血圧のほかに食欲不振、倦怠感、頭痛、吐き気などの症状がみられます。

重くなると意識障害におちいり、けいれんを引き起こしたりします。重症の脱水症状や、やけど、また、いろいろな病気が原因で、
急激に腎臓が障害を受けたとき、腎臓に血液が通わなくなっておこります。

最近増えているのが、溶血性尿毒症症候群による急性腎不全です。これは、O-157に感染して発病する重症の腎障害ですが、
おもに生の牛肉に付着している大腸菌がだす毒素が原因でおこります。

入院して、まずは原因となる病気の治療を行います。また、透析をおこなって、腎機能が回復するのを待ちます。尿の出がよくなったら、
安静、食事療法、薬物療法を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    2. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…
    3. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…

    ピックアップ記事

    1. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    2. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    3. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    ページ上部へ戻る