スポンサードリンク

食品や水などが媒介となって胃腸炎の症状を引き起こす病気の総称です。デリケートな赤ちゃんの胃腸ですから、
ちょっとしたことでも細菌に感染して、胃腸炎を引き起こす場合があります。

サルモネラ、ロタウイルス、ノロウイルスなどが原因です。発熱、下痢、腹痛、嘔吐などの症状が起こりますから、脱水症状に気をつけて、
水分を充分に与えてあげましょう。ベビー用のイオン飲料などもよいでしょう。

気をつけたいのは、下痢止めの使い方です。下痢などの症状は、悪いものを排出する体の自然な作用なので、これを無理やり止めると、
病原菌が体内にとどまって、最悪の事態は死を招くことがあります。

離乳食を行っているときは、回復まで無理に食べさせなくても大丈夫です。

食事を作る環境もそうですが、食器の管理などにも注意して。離乳食をはじめたばかりのときは、食器も煮沸してあげるとよいでしょう。

よく食中毒の菌が発見されるのは、包丁の柄の部分です。刃ばかりを熱心に洗っても、刃と柄の接続部分を洗い忘れ、
そこから菌が繁殖したという例もあります。魚や肉類を扱う包丁、まな板と、野菜類用などは別々にしてもよいでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. AN001_L

      ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    3. AN001_L

      昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    2. AN001_L
      銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    3. AN001_L
      成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    ページ上部へ戻る