食品や水などが媒介となって胃腸炎の症状を引き起こす病気の総称です。デリケートな赤ちゃんの胃腸ですから、
ちょっとしたことでも細菌に感染して、胃腸炎を引き起こす場合があります。

サルモネラ、ロタウイルス、ノロウイルスなどが原因です。発熱、下痢、腹痛、嘔吐などの症状が起こりますから、脱水症状に気をつけて、
水分を充分に与えてあげましょう。ベビー用のイオン飲料などもよいでしょう。

気をつけたいのは、下痢止めの使い方です。下痢などの症状は、悪いものを排出する体の自然な作用なので、これを無理やり止めると、
病原菌が体内にとどまって、最悪の事態は死を招くことがあります。

離乳食を行っているときは、回復まで無理に食べさせなくても大丈夫です。

食事を作る環境もそうですが、食器の管理などにも注意して。離乳食をはじめたばかりのときは、食器も煮沸してあげるとよいでしょう。

よく食中毒の菌が発見されるのは、包丁の柄の部分です。刃ばかりを熱心に洗っても、刃と柄の接続部分を洗い忘れ、
そこから菌が繁殖したという例もあります。魚や肉類を扱う包丁、まな板と、野菜類用などは別々にしてもよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    3. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…

    ピックアップ記事

    1. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    2. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    3. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    ページ上部へ戻る