A型肝炎とは、汚染された水や食品を摂取して感染する肝炎です。衛生面の水準が低い国では集団発生しています。

病原体はA型肝炎ウイルスで、汚染された水や食品から感染します。体内に侵入すると、1~2週間で肝臓で増殖し、
数日のうちに胆汁によって腸管から便となって排泄されます。潜伏期間は15~50日です。

感染しても症状がないまま経過するケースも多いのですが、典型的症状として発熱、食欲不振、下痢、腹痛、だるい、
吐きけがするなどの症状がみられます。やがて黄疸(おうだん)が現れ、その他の症状は軽くなります。肝臓は少しはれて圧痛(あっつう)
を覚えることがあります。

まれに、肝不全状態に移行し、劇症肝炎になることがありますが、キャリアになることはありません。

特別な治療法はありません。高たんぱく、高エネルギーの食事を基本とし、吐き気がおさまったら、
動物性脂肪もふつうに摂取してかまいません。

周囲の人に感染させないように、家族は排便後や調理をする前は手を洗いましょう。家族はヒト免疫グロブリンを注射すれば予防できます。
また、A型肝炎ワクチンも開発されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    2. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    3. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…

    ピックアップ記事

    1. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    2. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    ページ上部へ戻る