A型肝炎とは、汚染された水や食品を摂取して感染する肝炎です。衛生面の水準が低い国では集団発生しています。

病原体はA型肝炎ウイルスで、汚染された水や食品から感染します。体内に侵入すると、1~2週間で肝臓で増殖し、
数日のうちに胆汁によって腸管から便となって排泄されます。潜伏期間は15~50日です。

感染しても症状がないまま経過するケースも多いのですが、典型的症状として発熱、食欲不振、下痢、腹痛、だるい、
吐きけがするなどの症状がみられます。やがて黄疸(おうだん)が現れ、その他の症状は軽くなります。肝臓は少しはれて圧痛(あっつう)
を覚えることがあります。

まれに、肝不全状態に移行し、劇症肝炎になることがありますが、キャリアになることはありません。

特別な治療法はありません。高たんぱく、高エネルギーの食事を基本とし、吐き気がおさまったら、
動物性脂肪もふつうに摂取してかまいません。

周囲の人に感染させないように、家族は排便後や調理をする前は手を洗いましょう。家族はヒト免疫グロブリンを注射すれば予防できます。
また、A型肝炎ワクチンも開発されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…

    ピックアップ記事

    1. いわゆるエイズと呼ばれる病気は、性行為感染症の一種で、感染力が非常に強いのが特徴です。血液、精液…
    2. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    3. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    ページ上部へ戻る