ウイルス性胃腸炎とは、ウイルスが胃腸に感染して、嘔吐や下痢、発熱を引き起こす病気です。俗に「おなかのかぜ」と言われます。

嘔吐からはじまり、しだいに下痢が生じます。下痢は水溶性の、つぶつぶが混じった消化不良便で血液は混じりません。

脱水症状が進めば元気がなくなり、ぐったりしてきて、尿の出が悪くなります。

ロタウイルス、小型球形ウイルス、アデノウイルスなどが原因として知られています。

嘔吐の強い場合は、絶食して、水分を少量ずつ与えます。下痢がひどい時期には、乳幼児用のイオン飲料や野菜スープ、味噌汁のうわずみ、
3分の2に薄めた母乳やミルクなどを与えます。

症状が強い場合には点滴を行います。外来の点滴だけでなく、入院して治療を続ける場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    3. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…

    ピックアップ記事

    1. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    2. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    3. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    ページ上部へ戻る