ウイルス性胃腸炎とは、ウイルスが胃腸に感染して、嘔吐や下痢、発熱を引き起こす病気です。俗に「おなかのかぜ」と言われます。

嘔吐からはじまり、しだいに下痢が生じます。下痢は水溶性の、つぶつぶが混じった消化不良便で血液は混じりません。

脱水症状が進めば元気がなくなり、ぐったりしてきて、尿の出が悪くなります。

ロタウイルス、小型球形ウイルス、アデノウイルスなどが原因として知られています。

嘔吐の強い場合は、絶食して、水分を少量ずつ与えます。下痢がひどい時期には、乳幼児用のイオン飲料や野菜スープ、味噌汁のうわずみ、
3分の2に薄めた母乳やミルクなどを与えます。

症状が強い場合には点滴を行います。外来の点滴だけでなく、入院して治療を続ける場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 日本脳炎

      日本脳炎ウイルスに感染して脳に障害が起こる病気です。 豚が持つウイルスが、コガタアカイエカ…
    2. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    3. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…

    ピックアップ記事

    1. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    2. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    3. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    ページ上部へ戻る