胃潰瘍では、吐血や吐しゃ物に血が混じっているのがみられます。腹痛を訴える事もありますが、
大人のように空腹時に痛むという典型的な例は少ないのが特徴です。

乳児では重篤(じゅうとく)な病気のあとに胃に潰瘍ができる二次性のものが多く、学童では、成人の症状と似てきます。精神的・
肉体的ストレスが」誘引になることもあります。

子どもでも、大人と同じように病変部にヘリコパクター・ピロリという細菌(ピロリ菌)が検出され、
ピロリ菌の感染も原因のひとつとみられます。

治療は、胃酸の分泌をおさえるH2ブロッカーや制酸剤、胃粘膜保護剤などを使います。出欠があるときは絶食し、その後、
流動食から順に1週間ぐらいで普通食にもどします。

腹痛があるときは、少量の食事を回数多くとるようにします。出血が多いときには内視鏡を使って止血したり、外科手術を行います。

ピロリ菌が原因の場合には、強力な胃酸分泌抑制剤と抗菌剤を組み合わせて、7~14日内服して除菌します。

嘔吐や出血があるときはベッド上の安静が必要です。再発が多いので、食事のときによくかむ習慣をつけましょう。
心理的な要因が関係している場合は、カウンセリングが必要になることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    2. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    3. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    2. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    3. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    ページ上部へ戻る