「アセトン血性嘔吐症」は「自家中毒症」または「周期性嘔吐症」ともいわれます。おもに2歳から10歳くらいの子供がかかりやすく、
尿にアセトンが出るとこの病気です。

熱が高いなどの病気と合併しておきる時と、はっきり精神的なストレスだけが原因の時とあります。診断は比較的容易ですが、
時には嘔吐が症状の他の疾患との鑑別が必要になることがあります。

元気がなくなり嘔吐・腹痛をおこす原因としてアセトン(ケトン)という物質が関係しています。アセトンは、
人間がエネルギーを作る時に、脂肪を主なエネルギーにした時、血液中に排出されます。(普段は、糖質からエネルギーを作っていますが、
うまく行かない場合、脂肪を使います)

子供は、エネルギー代謝に関する視床下部や中脳の機能が最も不安定な時期で、そこへ精神的ストレスや疲れ、睡眠不足、
または風邪などの感染症がきっかけになって発症してしまうのです。

精神的ストレスや、疲れ、睡眠不足が引き金になるので、まだ嘔吐が軽い間には、吐かない程度に少量の水分を何回も与えます。
スポーツドリンクでもいいでしょう。誘因をチェックして、安静に寝かせ、精神的緊張を取ってやりましょう。お母さんが傍に付き添って
「あまえさせる」ことも効果的です。

嘔吐がひどくなってしまうと、脱水の危険もありますので、早いうちに受診したほうがいいでしょう。

また、思春期になれば、筋肉量が増え、ホルモンのバランスも安定してくるので、自然にならなくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    2. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    3. 女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYと…
    ページ上部へ戻る