「アセトン血性嘔吐症」は「自家中毒症」または「周期性嘔吐症」ともいわれます。おもに2歳から10歳くらいの子供がかかりやすく、
尿にアセトンが出るとこの病気です。

熱が高いなどの病気と合併しておきる時と、はっきり精神的なストレスだけが原因の時とあります。診断は比較的容易ですが、
時には嘔吐が症状の他の疾患との鑑別が必要になることがあります。

元気がなくなり嘔吐・腹痛をおこす原因としてアセトン(ケトン)という物質が関係しています。アセトンは、
人間がエネルギーを作る時に、脂肪を主なエネルギーにした時、血液中に排出されます。(普段は、糖質からエネルギーを作っていますが、
うまく行かない場合、脂肪を使います)

子供は、エネルギー代謝に関する視床下部や中脳の機能が最も不安定な時期で、そこへ精神的ストレスや疲れ、睡眠不足、
または風邪などの感染症がきっかけになって発症してしまうのです。

精神的ストレスや、疲れ、睡眠不足が引き金になるので、まだ嘔吐が軽い間には、吐かない程度に少量の水分を何回も与えます。
スポーツドリンクでもいいでしょう。誘因をチェックして、安静に寝かせ、精神的緊張を取ってやりましょう。お母さんが傍に付き添って
「あまえさせる」ことも効果的です。

嘔吐がひどくなってしまうと、脱水の危険もありますので、早いうちに受診したほうがいいでしょう。

また、思春期になれば、筋肉量が増え、ホルモンのバランスも安定してくるので、自然にならなくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    2. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    3. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…

    ピックアップ記事

    1. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    2. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    3. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    ページ上部へ戻る