感染性胃腸炎を引き起こすウイルス。ロタ(rota)は、ラテン語で「車輪」を意味しますが、その名の通り、車輪の名のような形をしています。

日本やアメリカでは2歳までのほとんどの子供がかかるといわれ、症状としては、水状の下痢と嘔吐が3日~1週間前後続きます。

感染した場合、子供の免疫力が低下していない限り、入院までいたるケースは少ないようですが、通常の下痢等より、激しい脱水症状を引き起こしやすいのでこまめな水分補給が必要です。

症状が改善するまでは、無理に食べさせず、ベビー用イオン飲料や、リンゴジュースなどで水分補給を。症状が和らいで、食欲が戻ったら、初期の離乳食のように、野菜スープや重湯を食べさせてあげましょう。

ウイルスは主に便中で発見されます。また、タオルや器具についた菌も死滅せず、感染の元となります。

オムツ替えの後、調理や食事前などは、子供の手洗いもしっかり手伝ってあげ、手拭タオルも頻繁に変えることが予防につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    2. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    3. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…

    ピックアップ記事

    1. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    2. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    ページ上部へ戻る