カテゴリー:嘔吐・下痢をともなう症状

  • ボツリヌス菌

    日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソーセージ、缶詰め、密封食品などが原因で感染することがあります。普通、真空パックだと安心だと思いがちですがそうではないので…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • O-157

    O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます。牛、羊などの腸にいて処理の途中で肉に付着するといわれ、発症の多くは食肉や汚染された井戸水が原因です。 潜伏期間は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 噴門弛緩症

    生まれたばかりの赤ちゃんがお乳を飲んだ後、ちょっと体を動かしただけでも勢いよく吐くことがあります。これを噴門弛緩症といい、赤ちゃんの食道と胃の間の筋肉が緩いために起こります。 赤ちゃんはもともと脳の発達が未熟で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 乳糖不耐症

    下痢が長引くようなら、乳糖不耐症かもしれません。乳糖不耐症とは、牛乳やミルクに含まれる乳糖が、腸内で消化できず下痢などを引きおこします。 赤ちゃんの場合、先天的なものと、後天的なものとあるようです。先天的な場合…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 脱水症状

    熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾燥する、皮膚に張りがない、目が落ちくぼんでいる、おしっこの回数が少なくなるなどの症状が見られます。 体重の10%以…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ミルクを吐く

    赤ちゃんが、ミルクを吐くのは良くあります。あまりに頻繁なので・・・と心配されるお母さんも多いようです。病気かどうかは、吐いたときの様子をよく観察することが大切です。 母乳やミルクを飲んだ直後、だらっとミルクを出…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ぎょう虫症

    成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします。 ぎょう虫症は、子どもに最も多い寄生虫病なので、保育園や学校で検査が行われています。ぎょう虫は、盲腸に住みつき、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 胃軸捻転

    胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップがでにくく、はきやすいということから気づかれます。頻繁におならをし、寝かすと苦しいので不機嫌になります。軽症例を含めると…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 周期性嘔吐症

    周期性嘔吐症は、アセトン血性嘔吐症のことです。別名自家中毒とも言います。 ストレスが心の負担となっていて、かぜをひいたときや楽しい行事を前にしたときなどに吐いたり、腹痛を訴えるという症状は、自分の体を守ろうとす…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 自家中毒

    自家中毒は、「アセトン血性嘔吐症」のことです。別名「周期性嘔吐症」とも言われます。 ストレスが心の負担となっていて、かぜをひいたときや楽しい行事を前にしたときなどに吐いたり、腹痛を訴えるという症状は、自分の体を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    2. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    3. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…

    ピックアップ記事

    1. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    2. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    3. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    ページ上部へ戻る