ウイルスや細菌などが原因で、気管の入り口にあたる喉頭が炎症を起こす病気です。
症状としては、風邪のような、発熱やのどの痛み、咳が始まり、次第に声がかすれてきて犬の遠吠えのようなケンケンした咳に変わります。酸素の通り道である気管の入り口が狭まるので、とても息苦しい状態です。

口を開けてのぞいてみても見える位置ではなく、咽頭より少しのどの奥に、ウイルスや細菌が感染して起こります。

軽症の場合は、2~3日でよくなりますが、発作が起きて悪化した場合は、呼吸停止の危険も伴います。昼間はぜんぜん大丈夫だと思っていたら、夜になって急にひどくなる場合があるので、症状に変化がないかどうか十分に観察することが大切です。ひどくなる前に早めに受診し、専門医による治療を受けましょう。

呼吸困難、チアノーゼ、ぐったりしているときは、必ず、夜間でも救急センターに受診しましょう。

家庭では、基本的にかぜと同じようなケアをします。加湿器などで室内の湿度を上げ、寝かせる時は上半身を上げてあげるとラクになります。それでも苦しそうなときは、立て抱きにしてあげるとせきが落ちつきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    2. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    2. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    3. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    ページ上部へ戻る