乾燥する冬は、風邪などで呼吸器のトラブルが多いですが、お子さんが激しい咳をしていたらご注意。

細気管支炎かもしれません。肺の中で気管支が何本にも枝分かれしたのが細気管支ですが、ここが炎症を起こしったもの。風邪ウイルスが原因のことが多く、気管支の粘膜がデリケートな2歳未満の乳幼児、とくに6ヶ月前後の小さな赤ちゃんが多くかかります

RSウイルス、アデノウイルス、パラインフルエンザなどのウイルスが原因ですが、その80%はRSウイルスといわれています。

鼻水、くしゃみ、せきなどのかぜ症状が2~3日続いた後に、呼吸が浅くなったり速くなったりして、せきがひどくなってきます。熱は出ないことが多く、出てもあまり高くなりません。

激しい咳、呼吸が苦しそう、小鼻がぴくぴくする、呼吸のたびに肋骨と肋骨の間がくぼむなどの症状があれば、緊急に受診しましょう。場合によっては入院して酸素吸入や点滴が必要になる場合もあります。

ひどくなる前の段階で早めに受診することが大切です。呼吸困難が強くなった場合は、入院して点滴を行ったり、酸素投与などが必要になります。

治療をすれば、3~4日で症状は軽くなりますが、まれに呼吸困難が進む場合もあります。そんなときは、人工呼吸器をつけることもあるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    2. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    3. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…

    ピックアップ記事

    1. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    2. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    3. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る