呼吸障害(新生児)

分娩の過程で胎便吸引症候群、気胸、一過性過呼吸、新生児肺炎などの障害をおこすことがあります。多呼吸、うなり声、陥没呼吸(胸骨下や肋間が息を吸うとくぼむ)などの呼吸困難をおこします。

分娩の過程で胎便吸引症候群、気胸、一過性過呼吸、新生児肺炎などの障害をおこすことがあります。多呼吸、うなり声、陥没呼吸(胸骨下や肋間が息を吸うとくぼむ)などの呼吸困難をおこします。

胎便吸引症候群は、新生児仮死にともなっておきます。子宮の中の胎児が仮死状態で苦しいために、便をだし、その便を吸ってしまうことが原因です。気胸は肺胞から胸腔内に空気がもれる病気で、生まれたときに自然におこるものや、仮死の蘇生中におこるものなど、原因はさまざまです。

程度に応じて酸素吸入や輸液などを1、2日行い、肺が回復するのを待ちます。軽症では、とくに治療しなくても自然に治る場合もあります。

しかし、赤ちゃんが仮死状態で生まれてきた時は、産声をあげる前に口や鼻から胎便を吸引します。それでも気管支や肺に胎便が吸い込まれてしまったときは、気管内にチューブを入れて酸素を送り、肺を拡張させる物質を使って肺の中を洗い、胎便を取り除くことが必要です。呼吸困難があるときは、酸素吸入や人工呼吸を行います。

また、肺炎を予防するために抗菌薬を投与したりもします。肺炎、気胸などを予防することができれば、早ければ2~3日を過ぎた頃から、呼吸はよくなっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    2. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…

    ピックアップ記事

    1. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    2. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    3. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    ページ上部へ戻る