呼吸障害(新生児)

分娩の過程で胎便吸引症候群、気胸、一過性過呼吸、新生児肺炎などの障害をおこすことがあります。多呼吸、うなり声、陥没呼吸(胸骨下や肋間が息を吸うとくぼむ)などの呼吸困難をおこします。

分娩の過程で胎便吸引症候群、気胸、一過性過呼吸、新生児肺炎などの障害をおこすことがあります。多呼吸、うなり声、陥没呼吸(胸骨下や肋間が息を吸うとくぼむ)などの呼吸困難をおこします。

胎便吸引症候群は、新生児仮死にともなっておきます。子宮の中の胎児が仮死状態で苦しいために、便をだし、その便を吸ってしまうことが原因です。気胸は肺胞から胸腔内に空気がもれる病気で、生まれたときに自然におこるものや、仮死の蘇生中におこるものなど、原因はさまざまです。

程度に応じて酸素吸入や輸液などを1、2日行い、肺が回復するのを待ちます。軽症では、とくに治療しなくても自然に治る場合もあります。

しかし、赤ちゃんが仮死状態で生まれてきた時は、産声をあげる前に口や鼻から胎便を吸引します。それでも気管支や肺に胎便が吸い込まれてしまったときは、気管内にチューブを入れて酸素を送り、肺を拡張させる物質を使って肺の中を洗い、胎便を取り除くことが必要です。呼吸困難があるときは、酸素吸入や人工呼吸を行います。

また、肺炎を予防するために抗菌薬を投与したりもします。肺炎、気胸などを予防することができれば、早ければ2~3日を過ぎた頃から、呼吸はよくなっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    2. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…

    ピックアップ記事

    1. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    2. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    ページ上部へ戻る