百日ぜき菌が原因で起こる気管支系の病気です。ひどい咳が特徴で、名前のように百日続く場合もあります。

お母さんからの抗体(免疫)をもらうことはほとんどないので、周囲に百日ぜきの子供がいると生まれたばかりの赤ちゃんにもかかることがあります。

6ヶ月未満の赤ちゃんは、症状が重くなったり、合併症を起こしやすいので、とくに注意が必要です。

症状は、発作が起こると、1回2、3分続く咳が出て、それが長期間続くので、体力低下、呼吸困難、チアノーゼ(酸素欠乏で顔などが紫になる)、けいれんなどを引き起こします。潜伏期間が1,2週間あり、その間は熱などないので気付きにくいですが、咳が夜になると増えてきます。

家庭では、せき発作が少しでも楽になるように、家族でタバコを吸う人は禁煙を心がけましょう。室温は20度ぐらいを保ち、湿度も上げるようにします。水分補給を十分にする必要があります。赤ちゃんは、泣くなどのちょっとした刺激で、せきが誘発されてしまいます。泣かせない工夫も必要でしょう。

最初の2~3週間は周囲への感染力がとても強い病気です。受診の際は、電話で症状を説明してから受診する配慮も必要です。百日ぜきは、学校保健法で、特有のせきがなくなるまでは保育園や幼稚園への登園は控えることになっています。

三種混合ワクチンの接種で予防できますので、三ヶ月過ぎたら接種予定を立て、なるべく早く受けるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    2. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    3. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…

    ピックアップ記事

    1. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    2. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    3. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る