百日ぜき菌が原因で起こる気管支系の病気です。ひどい咳が特徴で、名前のように百日続く場合もあります。

お母さんからの抗体(免疫)をもらうことはほとんどないので、周囲に百日ぜきの子供がいると生まれたばかりの赤ちゃんにもかかることがあります。

6ヶ月未満の赤ちゃんは、症状が重くなったり、合併症を起こしやすいので、とくに注意が必要です。

症状は、発作が起こると、1回2、3分続く咳が出て、それが長期間続くので、体力低下、呼吸困難、チアノーゼ(酸素欠乏で顔などが紫になる)、けいれんなどを引き起こします。潜伏期間が1,2週間あり、その間は熱などないので気付きにくいですが、咳が夜になると増えてきます。

家庭では、せき発作が少しでも楽になるように、家族でタバコを吸う人は禁煙を心がけましょう。室温は20度ぐらいを保ち、湿度も上げるようにします。水分補給を十分にする必要があります。赤ちゃんは、泣くなどのちょっとした刺激で、せきが誘発されてしまいます。泣かせない工夫も必要でしょう。

最初の2~3週間は周囲への感染力がとても強い病気です。受診の際は、電話で症状を説明してから受診する配慮も必要です。百日ぜきは、学校保健法で、特有のせきがなくなるまでは保育園や幼稚園への登園は控えることになっています。

三種混合ワクチンの接種で予防できますので、三ヶ月過ぎたら接種予定を立て、なるべく早く受けるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    2. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    3. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…

    ピックアップ記事

    1. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    2. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    3. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    ページ上部へ戻る