スポンサードリンク

冬になると、インフルエンザや風邪が流行りますが、こじらせると肺炎になることがあるので、お母さんとしては気を抜けません。

肺炎は、さまざまな病原体によって、肺に炎症が起こり、発熱やせき、呼吸困難などの症状が出てくる病気です。

感染した病原体の種類によって、出る症状の程度や治療法は違いますが、とくに細菌感染による肺炎は症状が重く、以前は子どもの命をおびやかすことも少なくありませんでした。現在では、有効な抗菌薬があるので、その心配はほとんどなくなっているようです。

肺炎の原因になる病原体はいろいろあり、ウイルス、細菌、マイコプラズマ、クラミジアによる肺炎が多くみられています。

高熱が4日以上続いて、痰のからんだ咳が出るようになったら、肺炎の疑いも。呼吸するとき、みぞおちのところがへこんだり、小鼻がぴくぴくいうようなら、呼吸困難に陥っています。

1歳未満の赤ちゃんの場合、肺炎にかかると、基本的には入院しても治療です。また、赤ちゃんは体の機能が完全ではないので、お医者さんも決め手となる症状がないと、判断しにくく、最初は気管支炎と診断されることもあるようです。

家庭では、安静第一です。室内を十分に加湿し、せきを和らげてあげましょう。また、脱水が心配なので、こまめに少しずつ水分を与えます。

特別な場合を除いて、熱が下がり1~2日後に全身状態がよければ、登園登校は可能になります。

お母さんがホームドクターですから、注意深く経過を見守って、不安な症状が出たら、一刻も早く医療機関に向かいましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    2. AN001_L

      斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    3. AN001_L

      風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    2. AN001_L
      血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    3. AN001_L
      新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    ページ上部へ戻る