冬になると、インフルエンザや風邪が流行りますが、こじらせると肺炎になることがあるので、お母さんとしては気を抜けません。

肺炎は、さまざまな病原体によって、肺に炎症が起こり、発熱やせき、呼吸困難などの症状が出てくる病気です。

感染した病原体の種類によって、出る症状の程度や治療法は違いますが、とくに細菌感染による肺炎は症状が重く、以前は子どもの命をおびやかすことも少なくありませんでした。現在では、有効な抗菌薬があるので、その心配はほとんどなくなっているようです。

肺炎の原因になる病原体はいろいろあり、ウイルス、細菌、マイコプラズマ、クラミジアによる肺炎が多くみられています。

高熱が4日以上続いて、痰のからんだ咳が出るようになったら、肺炎の疑いも。呼吸するとき、みぞおちのところがへこんだり、小鼻がぴくぴくいうようなら、呼吸困難に陥っています。

1歳未満の赤ちゃんの場合、肺炎にかかると、基本的には入院しても治療です。また、赤ちゃんは体の機能が完全ではないので、お医者さんも決め手となる症状がないと、判断しにくく、最初は気管支炎と診断されることもあるようです。

家庭では、安静第一です。室内を十分に加湿し、せきを和らげてあげましょう。また、脱水が心配なので、こまめに少しずつ水分を与えます。

特別な場合を除いて、熱が下がり1~2日後に全身状態がよければ、登園登校は可能になります。

お母さんがホームドクターですから、注意深く経過を見守って、不安な症状が出たら、一刻も早く医療機関に向かいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…
    2. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    3. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…

    ピックアップ記事

    1. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    2. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    3. 女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYと…
    ページ上部へ戻る