気管支におこる急性で一過性の炎症。ウイルスや細菌が気管支の粘膜まで入り込み、炎症が及んだ状態をいいます。

多くはかぜ、あるいはインフルエンザをこじらせてかかり、鼻炎、咽頭炎、喉頭炎などをともないます。最初は乾いたようなせきがでて、胸が痛くなることがあります。しだいにせきがひどくなり、吐いたり、ゼーゼーと息が早くなる場合もあります。

2歳以下の赤ちゃんでは、たまったたんを吐き出しにくいのでゼロゼロすることもあります。1週間ほどたつと、せきは徐々に少なくなります。熱は、出たり出なかったりです。

症状が重くなると、せきが強くなり、眠っていても咳き込んで何度も目がさめたり、吐いたりすることもあります。

室内の湿度を高めると、少しは呼吸がラクになります。水分は、せきやたんを出しやすくするので、十分に与えるようにしてください。

食事は、一度にたくさん食べたり飲んだりすると、せきが出たときに吐きやすくなります。母乳やミルク、離乳食などは少しの量を回数を多く与えるようにします。

せきがひどくて体力を消耗しているときは、お風呂は避けたほうがよいでしょう。家族で、タバコを吸う人がいる場合は、禁煙できれば一番いいのですが、難しい場合は換気扇の下で吸うなどの配慮が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…

    ピックアップ記事

    1. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    2. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    3. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    ページ上部へ戻る