のどがゼロゼロいう

赤ちゃんののどがゼロゼロいうときは、呼吸に関係する気道に何らかの異常が起こっている場合があります。

一つは、のどになにか詰まっている場合です。赤ちゃんがミルクをたくさん飲んだ直後に、ゼロゼロいうときもありますし、小さい豆や食べ残しなどがつまってゼロゼロ言うときもあります。子供が苦しそうなら、病院でつまっているものを取ってもらう必要があります。

もう一つは、病気が原因のときで、代表的なものに、クループ症候群があります。初めは発熱やのどの痛みを伴ったせきで、風邪かなと思っていると、しだいにかん高いせきに変化していきます。呼吸のたびゼロゼロいうほか、ケーンケーンという犬の遠吠えのような咳が特徴です。

夜間に症状が進むことが多いので、注意して様子を見ることが大切です。
せきがひどい場合は首の下あたりや、胸がへこむような苦しそうな呼吸になります。
これは緊急を要するものですので、夜間でもすぐに病院へ行きましょう。

受診後は、家庭でのケアもしっかりしてあげることが大切です。
せきがひどい時は、たて抱きにして上半身を起こし、背中をトントンと叩いてあげたりさすってあげるとよいでしょう。加湿器やヤカンで湯気を立て、室内の湿度を上げる、室温は18~22度ぐらいに保つ、1~2時間ごとに窓を開けて空気を入れ替え、喚起をよくするなどの工夫をしてあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    2. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    3. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    2. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    3. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    ページ上部へ戻る