赤ちゃんが咳き込んで呼吸困難で顔や唇が紫色(チアノーゼ)になってしまったら、一刻を争います。すぐに救急車を呼び、
受診してください。

肩で息をして、胸がへこむほどになっている場合や、咳と一緒に吐いてぐったりしている、ケンケンと犬のような咳をする、
激しくせき込み、呼吸ができないほど苦しそう、などの場合には、時間外でも受け付けてくれる病院へ行って診てもらいます。

家庭でのケア

赤ちゃんが咳をし始めたら、お家の環境も整えてあげましょう。乾燥した空気は気道の粘膜の刺激になるばかりでなく、
粘膜の機能も損ないます。

特に冬場のエアコンによる暖房は空気が乾燥しがちです。加湿器を使ったり、洗濯物を室内に干したり、
乾燥しないように気をつけましょう。

また、咳は昼間より夜の方が多いものです。咳き込んで寝付けないときは背中をさすってやったり、
縦抱きにして軽くトントンと背中を叩いてやってタンを出させましょう。仰向けで平らに寝かせるより、
上半身を少し起こして斜めにすると楽になることもあります。

水分を取るのも必要です。ただ、冷たいものは刺激になって、また咳き込むことがあります。
飲みやすい温度にあたためた温かい飲み物を少しずつ飲ませると、落ち着いてくるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    2. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    3. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    2. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    3. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    ページ上部へ戻る