咳は、気道に入ってきたホコリなどの異物や、気道にたまった分泌物(タン)を外に出してしまうために必要な反射です。

赤ちゃんがコンコンとせきをしているとすごくかわいそうですが、むやみに咳止めを飲ませるのはやめたほうがいいようです。

せきは異物が気道よりも下に入らないように働く防衛機能であり、
痰によって押し上げられた汚物を外へ噴き出そうとする反射運動でもあります。

つまり、痰がたくさん分泌される場合には、せきは痰ををどんどん外へ押し出してくれるわけです。それなのに、咳を止めてしまうと、
痰が気道に詰まって大変なことになる場合もあります。

赤ちゃんに元気も食欲もあり、一日のうちに何度かコンコンと乾いた咳が出る程度なら、すぐに受診する必要はないでしょう。

赤ちゃんの咳がだんだんと増えたり、ミルクを飲む量が減ったり、夜も咳のため寝苦しそうで、
しばしば目を覚ましてしまうときは早めに小児科にかかりましょう。咳の出る病気はいろいろありますが、風邪の他、はしかや百日咳、
気管支炎などがあり、適切な治療が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    2. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    3. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…

    ピックアップ記事

    1. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    2. いわゆるエイズと呼ばれる病気は、性行為感染症の一種で、感染力が非常に強いのが特徴です。血液、精液…
    3. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    ページ上部へ戻る