咳は、気道に入ってきたホコリなどの異物や、気道にたまった分泌物(タン)を外に出してしまうために必要な反射です。

赤ちゃんがコンコンとせきをしているとすごくかわいそうですが、むやみに咳止めを飲ませるのはやめたほうがいいようです。

せきは異物が気道よりも下に入らないように働く防衛機能であり、
痰によって押し上げられた汚物を外へ噴き出そうとする反射運動でもあります。

つまり、痰がたくさん分泌される場合には、せきは痰ををどんどん外へ押し出してくれるわけです。それなのに、咳を止めてしまうと、
痰が気道に詰まって大変なことになる場合もあります。

赤ちゃんに元気も食欲もあり、一日のうちに何度かコンコンと乾いた咳が出る程度なら、すぐに受診する必要はないでしょう。

赤ちゃんの咳がだんだんと増えたり、ミルクを飲む量が減ったり、夜も咳のため寝苦しそうで、
しばしば目を覚ましてしまうときは早めに小児科にかかりましょう。咳の出る病気はいろいろありますが、風邪の他、はしかや百日咳、
気管支炎などがあり、適切な治療が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    2. 日本脳炎

      日本脳炎ウイルスに感染して脳に障害が起こる病気です。 豚が持つウイルスが、コガタアカイエカ…
    3. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…

    ピックアップ記事

    1. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    2. 先天的な病気です。その名のとおり、先天的に胆道が拡張している病気です。子供のときに見つかることが…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る