結核菌によって、せきや熱が続き、肺がおかされる病気です。乳児の結核は家族内感染がほとんどなので注意が必要です。

乳児の場合は、せきと熱が続き、やがて呼吸が荒くなります。ミルクの飲みも悪く、ぐったりしてきます。進行が速いのが特徴です。
幼児期以降になると、せきや熱が数週間続き、息苦しい感じがあります。ただ、乳児、幼児とも、熱以外、
はっきりした症状がみられないこともよくあります。

結核菌による感染が原因です。多くはツベルクリン反応の自然陽転で発見されます。かつて国民病といわれた結核も、BCGの普及と、
栄養面や生活面の向上によりかなり減りました。

しかし、最近は結核への関心が薄れると同時に、また少し増え始めているので注意する必要があります。とくに、
薬がききにくい耐性結核菌に感染すると、治療はむずかしくなります。

症状によっては入院して薬物療法を行います。胸部X線に異常はないが、BCGをしないのにツベルクリン反応で自然陽転し、
赤い斑が30mm以上のときは、予防のためにイソニアジドを6~12ヶ月投与します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    2. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    3. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…

    ピックアップ記事

    1. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    2. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    3. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    ページ上部へ戻る