生後3ヶ月~5歳の乳幼児がかかりやすく、喘鳴がみられます。冬の乾燥した時期によく発症します。

通常は、かぜ症状のあとに、息を吸うとき「ヒューヒュー」という音がして、呼吸が苦しくなります。声がかれたり「キョーン」
という犬のほえるようなせきが出るのも特徴です。

かぜ症状を起こすウイルスの感染が原因です。とくにパラ・インフルエンザウイルスの感染によることが多く、これが全体の約75%
を占めます。この他に、RSウイルス、インフルエンザウイルスなどによって怒ります。これらのウイルス感染で、声帯の下部がはれ、
喉頭がせまくなるため、呼吸困難をおこします。とくに息を吸うときに苦しくなります。

クループの治療は、まずレントゲン撮影で、喉頭がどの程度せまくなっているのかを調べます。
血管収縮剤やステロイド剤の吸入や全身投与を行います。必要に応じて、輸液や酸素吸入を行うこともあります。
この病気に抗生物質はききません。

また、ネプライザー(吸入器)による冷たい蒸気の吸入も、血管を収縮させ、患部のむくみをおさえるためには有効です。
大部分が家庭で管理できますが、症状がひどいときは入院も必要です。

室内の乾燥は症状を悪化させるため、加湿器などを使用して、空気の乾燥を防ぎます。ネプライザーがあれば、
冷たい蒸気による吸入もよいでしょう。また、バスルームでドアと窓を閉めて、シャワーを流しながら抱いてあげるのもよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…

    ピックアップ記事

    1. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    2. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    3. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    ページ上部へ戻る