生後3ヶ月~5歳の乳幼児がかかりやすく、喘鳴がみられます。冬の乾燥した時期によく発症します。

通常は、かぜ症状のあとに、息を吸うとき「ヒューヒュー」という音がして、呼吸が苦しくなります。声がかれたり「キョーン」
という犬のほえるようなせきが出るのも特徴です。

かぜ症状を起こすウイルスの感染が原因です。とくにパラ・インフルエンザウイルスの感染によることが多く、これが全体の約75%
を占めます。この他に、RSウイルス、インフルエンザウイルスなどによって怒ります。これらのウイルス感染で、声帯の下部がはれ、
喉頭がせまくなるため、呼吸困難をおこします。とくに息を吸うときに苦しくなります。

クループの治療は、まずレントゲン撮影で、喉頭がどの程度せまくなっているのかを調べます。
血管収縮剤やステロイド剤の吸入や全身投与を行います。必要に応じて、輸液や酸素吸入を行うこともあります。
この病気に抗生物質はききません。

また、ネプライザー(吸入器)による冷たい蒸気の吸入も、血管を収縮させ、患部のむくみをおさえるためには有効です。
大部分が家庭で管理できますが、症状がひどいときは入院も必要です。

室内の乾燥は症状を悪化させるため、加湿器などを使用して、空気の乾燥を防ぎます。ネプライザーがあれば、
冷たい蒸気による吸入もよいでしょう。また、バスルームでドアと窓を閉めて、シャワーを流しながら抱いてあげるのもよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    2. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    3. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…

    ピックアップ記事

    1. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    2. 女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYと…
    3. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    ページ上部へ戻る