小児喘息は発作の予防が大切です。喘息の原因となるアレルゲンを除去し、医師の診察を受け薬による治療を根気よく続けましょう。

小児喘息の約90%はダニアレルギーといわれています。まずはお布団からきれいにしましょう。布団は1枚が約2平方メートルですから、
片面1分になります。そして必ず両面掃除機をかけて下さい。
2週間毎日続けることで1平方メートルあたり100匹以下のダニ数に減少させることが出来るとされています。これは「喘息発作の危険因子」
を下回る量になります。

特に布団を叩いた後は必ず掃除機をかけておきましょう。それをしないと布団の中からダニの抗原が出てきて逆効果になります。

夏に多いのは、キャンプファイヤーや花火、蚊取り線香の煙による発作です。遊ぶ時には、
必ず風上にいて煙を吸い込まないようにしましょう。

小児の気管支喘息は根気よく治療していく事が大切です。しばらく発作が起きないからと言って、
自分の判断で勝手に薬の服用をやめてしまうと、気管支喘息のコントロールができずに慢性化したり、悪化したりすることがあります。
薬は医師の指示通り、正しく服用吸入・内服を続けましょう。

また、厚着をさけて寒冷刺激に対する皮膚の抵抗力を付けていく。水泳、ランニングをして体力をつけると、
思春期くらいまでに治っていくようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    2. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    3. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…

    ピックアップ記事

    1. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    2. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    3. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    ページ上部へ戻る