気管支喘息は、赤ちゃんの時より、2才以降に発病する事が多く、夜間や朝方に、急にヒューヒュー(喘鳴)
をともなった呼吸困難の発作を起こします。春や秋の季節の変わり目に起こりやすく、
アレルギーの素因をもっている子に発病することが多いため、アトピー性皮膚炎を合併しているケースも少なくありません。

発作の原因は、天候の変化や精神的ストレス、ハウスダスト、花粉、食べ物などがあげられます。
病院で必要な検査を受けて原因を突きとめ、家庭での過ごし方をアドバイスしてもらいましょう。発作の起きた状況をきちんとメモし、
医師に伝えてください。

気管支喘息の発作が起こると、呼吸が普段より速くなります。また、
肋骨と肋骨の間やみぞおちのあたりが息を吸うときにペコペコへこみます。また、そこまでいかなくてもゼイゼイ・
ヒューヒューという音が聞こえます。

熱は無いのに、ミルクや水分、食物の摂取量が落ちたり、寝ていてもすぐ目を覚ますなどの症状があるときは、
軽い呼吸困難があることが疑われます。

くちびるが青くなったり(チアノーゼ)、けいれんや意識障害が出たら、夜中でもすぐに病院へ向かってください。逆に、
少しゼロゼロしていても、すやすや眠っているときは夜中にあわてて病院を受診することはないでしょう。

気管支喘息の発作が軽いときは、衣服をゆるめ、水分をたくさん飲ませて、たんを切れやすくします。腹式呼吸をさせると、
呼吸が楽になるようです。それでも発作がおさまらないときは、医師の指示どおりに吸入薬や飲み薬を使います。

発作時に、まわりの大人が動揺しておろおろしてしまうと、更に患児を不安にするのでおちついて対応するのが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    3. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…

    ピックアップ記事

    1. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    2. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    3. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    ページ上部へ戻る