かぜ・かぜ症候群

スポンサードリンク

いわゆるかぜ。鼻、のどなどの急性の炎症です。原因の多くがウイルス感染です。鼻みずやせきがおもな症状です。乳幼児では、
突然発熱したり、くしゃみや鼻みずがでたり、鼻がつまったり、せきが出たりします。

ときには吐いたり、下痢をする場合もあります。少し年齢が上の子どもでは、鼻やのどの違和感が痛みで始まり、寒気、鼻水やせき、
頭痛や食欲不振などが現れてきます。

中耳炎や気管支炎、肺炎などの病気を併発することもあります。比較的元気で、食欲もあるようなら、2,3日様子をみてもよいでしょう。
3日以上発熱している、呼吸が苦しそう、きげんが悪い、ぐったりしているといった場合には、早く受信します。

いろいろな薬が用いられますが、どれもウイルスを攻撃してかぜを治すというものではありません。あくまでも対症療法であり、
症状を多少やわらげる程度です。

せきは、気管支をたんや病原体から守るために起こるものなので、むやみに止めるのはよくありません。せきが激しくて吐いたり、
眠れないなど苦痛がひどいようなら、少しだけでも軽くなることを期待して、咳止めを用います。

また、発熱は体が病原体を攻撃するときに起こります。解熱剤は使いすぎるとその攻撃の力を弱めるので、
できるだけ避けたほうがよいのです。高熱で、あまりにも辛いときにだけ服用させてください。

家庭でのケア

水分はほしがるだけ与え、食べ物は欲しがらなければ、食欲が戻るまで与えなくてもいいのです。熱の始めに寒気がするときは、
服を1枚多く着せますが、熱が上がっているときに厚着をさせたり、ふとんを多くかけたりすると、熱の逃げ場がなくなり、
逆に熱を上げる結果になってしまいます。

冬は乾燥していて、鼻やのどをさらに痛めるので、加湿器を使ったり、洗濯物を室内に干すなどして湿度を高めましょう。

入浴は、せきや鼻水が出ていても、熱がなくて元気ならだいじょうぶです。冷暖房の使い方にも注意し、
湯上りに温度差の刺激を受けないようにしましょう。小さな赤ちゃんが、鼻づまりやせきでミルクが飲めないときには、
熱のあるなしにかかわらず受診しましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    2. AN001_L

      ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…
    3. AN001_L

      回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    2. AN001_L
      春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    3. AN001_L
      処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    ページ上部へ戻る