カテゴリー:咳が出る症状

  • 急性喉頭炎

    ウイルスや細菌などが原因で、気管の入り口にあたる喉頭が炎症を起こす病気です。 症状としては、風邪のような、発熱やのどの痛み、咳が始まり、次第に声がかすれてきて犬の遠吠えのようなケンケンした咳に変わります。酸素の通り…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 細気管支炎

    乾燥する冬は、風邪などで呼吸器のトラブルが多いですが、お子さんが激しい咳をしていたらご注意。 細気管支炎かもしれません。肺の中で気管支が何本にも枝分かれしたのが細気管支ですが、ここが炎症を起こしったもの。風邪ウ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 呼吸障害(新生児)

    分娩の過程で胎便吸引症候群、気胸、一過性過呼吸、新生児肺炎などの障害をおこすことがあります。多呼吸、うなり声、陥没呼吸(胸骨下や肋間が息を吸うとくぼむ)などの呼吸困難をおこします。 分娩の過程で胎便吸引症候群、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 百日ぜき

    百日ぜき菌が原因で起こる気管支系の病気です。ひどい咳が特徴で、名前のように百日続く場合もあります。 お母さんからの抗体(免疫)をもらうことはほとんどないので、周囲に百日ぜきの子供がいると生まれたばかりの赤ち…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 肺炎

    冬になると、インフルエンザや風邪が流行りますが、こじらせると肺炎になることがあるので、お母さんとしては気を抜けません。 肺炎は、さまざまな病原体によって、肺に炎症が起こり、発熱やせき、呼吸困難などの症状が出てく…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 急性気管支炎

    気管支におこる急性で一過性の炎症。ウイルスや細菌が気管支の粘膜まで入り込み、炎症が及んだ状態をいいます。 多くはかぜ、あるいはインフルエンザをこじらせてかかり、鼻炎、咽頭炎、喉頭炎などをともないます。最初は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • のどがゼロゼロいう

    赤ちゃんののどがゼロゼロいうときは、呼吸に関係する気道に何らかの異常が起こっている場合があります。 一つは、のどになにか詰まっている場合です。赤ちゃんがミルクをたくさん飲んだ直後に、ゼロゼロいうときもありま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 咳2

    赤ちゃんが咳き込んで呼吸困難で顔や唇が紫色(チアノーゼ)になってしまったら、一刻を争います。すぐに救急車を呼び、 受診してください。肩で息をして、胸がへこむほどになっている場合や、咳と一緒に吐いてぐったりしている、ケン…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 咳1

    咳は、気道に入ってきたホコリなどの異物や、気道にたまった分泌物(タン)を外に出してしまうために必要な反射です。赤ちゃんがコンコンとせきをしているとすごくかわいそうですが、むやみに咳止めを飲ませるのはやめたほうがいいようで…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 結核・小児結核

    結核菌によって、せきや熱が続き、肺がおかされる病気です。乳児の結核は家族内感染がほとんどなので注意が必要です。乳児の場合は、せきと熱が続き、やがて呼吸が荒くなります。ミルクの飲みも悪く、ぐったりしてきます。進行が速いのが…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    2. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…

    ピックアップ記事

    1. 女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYと…
    2. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    ページ上部へ戻る