カテゴリー:熱が出る症状

  • 川崎病1

    川崎富作博士によって発見された原因不明の疾患で、後遺症の冠動脈瘤(かんどうみゃくりゅう)による小児心臓病が重視されています。 6つの特徴的な症状があります。 ・39~40度の熱が5日以上続く。 ・発熱と同時に手…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • インフルエンザ2

    インフルエンザには、従来のアマンタジンがA型にしか効果がなかったのに対して、 A型とB型に有効なリン酸オセルタミビルという薬が使用できるようになりました。耐性ができにくく、 発症後48時間以内に服用しはじめれば経過の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • インフルエンザ1

    インフルエンザウイルス(おもにA型とB型)に感染して起こります。冬のはじめから春先にかけて流行することから、 流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)とも呼ばれます。インフルエンザウイルスに感染すると、気道の粘膜細胞(ねん…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 咽頭結膜熱

    咽頭結膜熱は、夏から秋にかけて学校のプールなどで流行的に感染しやすいため、別名プール熱とも呼ばれます。 アデノウイルスによって起こる夏かぜの一種です。急に39℃くらいの高熱が出て同時にのどが痛くなり、目やにが出て目が赤…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 咽頭炎

    咽頭炎は、通常、かぜと呼ばれています。ウイルスや細菌の感染により、咽頭や口蓋扁桃(こうがいへんとう)に炎症が起こり、 痛みや発熱がみられます。咽頭粘膜の発赤(ほっせき)がみられ、発熱、のどの不快感や痛みではじまり、せき…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    3. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…

    ピックアップ記事

    1. 女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYと…
    2. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る