夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下がるというパターンをとります。

4ヶ月~8ヶ月の赤ちゃんに多くみられる病気です。夏の高気温に、赤ちゃんの体温調節が間に合わずに体温が上がってしまいます。

乳児はもともと体温調整が未熟です。そこに水分の取り方が少ないと、汗を出すことによる体温調節ができなくなるために起こります。食欲不振、ふきげん、不眠などの症状を示すこともあれば、まったく元気なこともあります。

熱が一定のパターンであがったり下がったりを繰り返していても、それほど機嫌も悪くなく、咳や鼻水などのかぜ症状もまったくない、けれど、脱水症状で口の中がかさかさしていて、おしっこの回数が減っている場合は、夏季熱が疑われれます。

水分を十分に与え、冷房などで部屋の温度を調節すれば直ります。近年、クーラー普及の影響で、夏季熱はとても少なくなっているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    2. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    3. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…

    ピックアップ記事

    1. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    2. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    ページ上部へ戻る