夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下がるというパターンをとります。

4ヶ月~8ヶ月の赤ちゃんに多くみられる病気です。夏の高気温に、赤ちゃんの体温調節が間に合わずに体温が上がってしまいます。

乳児はもともと体温調整が未熟です。そこに水分の取り方が少ないと、汗を出すことによる体温調節ができなくなるために起こります。食欲不振、ふきげん、不眠などの症状を示すこともあれば、まったく元気なこともあります。

熱が一定のパターンであがったり下がったりを繰り返していても、それほど機嫌も悪くなく、咳や鼻水などのかぜ症状もまったくない、けれど、脱水症状で口の中がかさかさしていて、おしっこの回数が減っている場合は、夏季熱が疑われれます。

水分を十分に与え、冷房などで部屋の温度を調節すれば直ります。近年、クーラー普及の影響で、夏季熱はとても少なくなっているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    2. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    3. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    ページ上部へ戻る