冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめての寒さなので、場合によってはびっくりして風邪をひきやすい子供もいるでしょう。

昔から頭寒足熱といわれます。お母さんの中には上半身の防寒を一生懸命する方もいますが、大事なのは、足元。おなかから下の下半身がしっかり防寒されていれば、えてして病気にはなりにくいものです。

外にいくときは、靴下をはかせ、ベビーカーの場合は、足にひざ掛けのようなカバーをかけてあげるとよいでしょう。

お外への散歩は、赤ちゃんにとってもお母さんにとってもとても気持ちの良いものです。ただし、人がたくさん集まるところには、赤ちゃんはできるだけ連れて行きたくないものです。月齢が低いときには、人ごみは避け、どうしても必要な場合は、帰宅後、手や顔を流水で洗って、ゆっくりお昼寝させるとよいでしょう。慣れない環境で、外にでるだけでも、赤ちゃんにとっては重労働なものです。

人ごみを避けたとしても、家族が風邪をひいてしまった場合は、赤ちゃんにもうつるのは仕方がないことです。ただ、できるだけ家族が風邪をひかないように、冬はマスクをしたり、手洗い、うがいを励行して、予防に徹すること。

兄弟がいる場合、兄弟を通して風邪が移る場合も多いようです。お兄ちゃん、お姉ちゃんとして、かわいい赤ちゃんに触ったり、ほお擦りしたりするのは大好きですから、保護者が気をつけてあげるようにしましょう。ただ闇雲に赤ちゃんに近づいちゃだめ!としかってもかわいそうですから、上手にお話してあげて。

家族に風邪ひきさんが出てしまったら、タオルは別にする、赤ちゃんが触りそうなものは、風邪をひいている家族は触らない、などの配慮をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    2. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    3. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…

    ピックアップ記事

    1. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    2. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    3. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    ページ上部へ戻る