オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。

人蓄共通感染症とは、動物から人間にうつる病気の総称です。最近有名なものには、鳥インフルエンザがあります。オウム病は、平成14年にトリの展示・飼育施設で集団感染が発症し、事件となりました。

発熱、咳、倦怠感、筋肉痛、頭痛などの症状があります。風邪に似た症状ですので、もし家でセキセイインコ、オウム、ハトなどの鳥を飼っているようなら、オウム病の疑いがあります。

オウム病は、早期発見、早期治療で完治する病気ですが、重症になると、肝臓、脾臓や心臓が炎症を起こし、さらには、脳神経に異常をきたして死亡する場合もあるので、とても怖い病気です。

オウム病は、オウム病クラミジアによる人蓄共通感染症です。主に、鳥の糞などの排泄物から感染することが多いですが、まれに口移しの給餌や噛かまれて感染する場合もあるようです。

医療機関に相談してみましょう。予防策としては、飼育環境をいつも清潔にし、鳥にエサをあげたりしたあとは、うがいや手洗いをしてあげることです。

しかし、オウム病には、有効なワクチンがまだ開発されていないので、感染している鳥への接触を避けることが一番です。また、素手では絶対に糞は触らないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    3. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…

    ピックアップ記事

    1. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    2. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    ページ上部へ戻る