中枢神経を包んでいる髄膜や髄液に、炎症あるいはウイルスや細菌感染が起こる病気を指します。ウイルス性か細菌性かによって、症状の出方、治療法が違ってきます。

発熱、頭痛、嘔吐、意識障害、痙攣などの症状が見られます。けいれんを起こしたり意識障害を起こすこともあります。また、光をまぶしがったり、首の後ろが固くなるなどの症状もあります。赤ちゃんの場合は、大泉門の膨隆、母乳やミルクの飲みが悪くなるといった症状も現れます。

細菌性髄膜炎とウイルス性髄膜炎が主なものですが、肺炎や中耳炎などの感染症の合併症として起こることがあります。

入院してそれぞれに適した治療を行います。腰に注射針を刺して、髄液を採って検査します。ウイルス性髄膜炎の場合は、髄液を採るだけで症状がよくなることがあります。

ウイルス性の髄液は、透明で細菌はいませんが、細菌性の髄液は、膿で濁り、その中に病原菌が見つかります。

ウイルス性で軽度の場合、症状は数日でなくなりますが、髄液の異常は、2~3週間続きます。早めの治療が大切です。

予防は今のところありません。何か病気にかかった後に、これらの症状がみられるようなら、入院による治療が必要です。早めに受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    2. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    3. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    2. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    3. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    ページ上部へ戻る