中枢神経を包んでいる髄膜や髄液に、炎症あるいはウイルスや細菌感染が起こる病気を指します。ウイルス性か細菌性かによって、症状の出方、治療法が違ってきます。

発熱、頭痛、嘔吐、意識障害、痙攣などの症状が見られます。けいれんを起こしたり意識障害を起こすこともあります。また、光をまぶしがったり、首の後ろが固くなるなどの症状もあります。赤ちゃんの場合は、大泉門の膨隆、母乳やミルクの飲みが悪くなるといった症状も現れます。

細菌性髄膜炎とウイルス性髄膜炎が主なものですが、肺炎や中耳炎などの感染症の合併症として起こることがあります。

入院してそれぞれに適した治療を行います。腰に注射針を刺して、髄液を採って検査します。ウイルス性髄膜炎の場合は、髄液を採るだけで症状がよくなることがあります。

ウイルス性の髄液は、透明で細菌はいませんが、細菌性の髄液は、膿で濁り、その中に病原菌が見つかります。

ウイルス性で軽度の場合、症状は数日でなくなりますが、髄液の異常は、2~3週間続きます。早めの治療が大切です。

予防は今のところありません。何か病気にかかった後に、これらの症状がみられるようなら、入院による治療が必要です。早めに受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    2. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    3. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…

    ピックアップ記事

    1. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    2. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    3. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    ページ上部へ戻る