水疱瘡(みずぼうそう)

スポンサードリンク

帯状疱疹ウイルスに感染することによって起こる病気です。発熱に始まり、発疹がでます。

集団生活が始まる2歳前後から危険性が高まりますが、小さいうちの発症は重くはないので大丈夫です。感染力が強いので、家族や一緒に遊ぶ友達などにもうつる可能性があります。

ウイルスに感染している人のせきやくしゃみなどで飛び散ったウイルスを吸い込む「飛沫感染」、破れた水泡の中の液に触れる「接触感染」で感染します。潜伏期間は約2~3週間です。人にうつしやすい時期は、発疹がでる1~2日前から水泡が乾いてかさぶたになるまでです。

かさぶたになるまでは10日前後かかります。発疹はかゆみが強いので、引っかいて触った手からウイルスがうつる場合もありますので、発疹をかきむしらないようにすることが必要です。つめは短くし、室温は低めにします。長袖の服や長ズボンを着せるなどしてかきこわさないように工夫しましょう。

元気があればおふろも大丈夫です。ただ、湯船で温まるとかゆみが増すので、ぬるま湯にするか、シャワーですませるといいでしょう。感染を防ぐため、タオルの共有は避けましょう。

1歳過ぎてから予防接種が受けられます。ほかの病気の予防接種は、通常は、みずぼうそうが治ってから2週間ぐらいすれば受けられます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…
    2. AN001_L

      コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    3. AN001_L

      斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    2. AN001_L
      成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    3. AN001_L
      出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    ページ上部へ戻る