大脳、小脳、脳幹におこる炎症をいい、特に多いのがウイルス感染による脳炎です。かぜの症状のあとや、はしかや風疹、水ぼうそうなどの感染症に引き続いて、頭痛、嘔吐などがおこり、発症します。

原因となるウィルスはインフルエンザウィルス、単純ヘルペス、麻疹ウィルス、風疹ウィルス、水痘、帯状疱疹ウィルス、HHV6ウィルスなどさまざまです。

ついで高熱が出て、けいれんがおきたり、意識障害が現れます。さらに、手足のまひがおこることもあります。呼吸が乱れたり、瞳孔の異常などもおこり、生命が危険にさらされることになります。
運動障害や知的障害などの後遺症を残すことがあるので、早期発見、早期治療が大切です。

はしかなどの予防接種を早めに受ける、インフルエンザやはしか、みずぼうそうにかかり様子がおかしいときは、すぐに再受診するなどの対応が大切です。

検査は、髄液検査、CT検査、MRI検査、脳波検査などを行い、脳に異変が起きていないかなどを調べます。

入院して治療するのが基本です。

脳浮腫(のうふしゅ)や脱水症状には輸液(ゆえき)を行い、呼吸や血圧の管理をし、体温が上昇するのを防ぎます。

ヘルペス脳炎については、アシクロビルを投与しますが、それ以外は対症療法を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 日本脳炎

      日本脳炎ウイルスに感染して脳に障害が起こる病気です。 豚が持つウイルスが、コガタアカイエカ…
    2. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    3. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…

    ピックアップ記事

    1. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    2. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    ページ上部へ戻る