生後赤ちゃんがはじめてかかる病気の一つです。ヒトヘルペスウィルスが原因です。高熱が出てから、数日たって赤い発疹が全身に出ます。

発疹が出るまでは決め手となる症状がないので、あたふたしがちです。命にかかわることはまれですが、赤ちゃんにとっても、お母さんにとっても初めての高熱体験で、不安になってしまうことが多いものです。

赤ちゃん熱はあるものの元気なことが多いので、水分補給につとめましょう。ひきつけ、ぐったりしている、熱が3、 4日以上続くときは別の病気が疑われます。早めに受診しましょう。

高熱のため熱性けいれんをおこすことがありますが、ほとんどが5分未満で自然に止まるので、あわてなくても大丈夫です。

発熱や発心があっても元気であればお風呂に入っても大丈夫です。下痢を伴い、おしりがかぶれやすくなるので、シャワーや洗面器に入れたお湯でしっかりおしりを洗ってあげるとよいでしょう。

水分補給は、母乳、ミルクのほか、麦茶や白湯を飲ませます。乳幼児用イオン飲料で補給するのもよいでしょう。

突発性発疹の感染力は弱く、うつる心配はあまりありません。きょうだいに感染することもあるようですが、流行はなく、季節も関係なく1年中見られる病気です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    2. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    3. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…

    ピックアップ記事

    1. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    2. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    3. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    ページ上部へ戻る