マイコプラズマ肺炎2

マイコプラズマ肺炎かどうかは、レントゲン検査や血液培養検査などでわかります。マイコプラズマ肺炎だと診断された場合は、
安静を保つため、多くの場合は入院が必要ですが、症状が軽ければ外来治療でも大丈夫です。

治療には、マクロライド系の抗生物質を使うほか、タンを切る薬などでせきを和らげます。

家庭でのケア

マイコプラズマ肺炎は、うつりやすい病気ですので、熱があったり、強いせきがある場合には、家で安静にします。部屋を暖かくして、
やかんや加湿器などを使って十分に加湿をしましょう。症状がよくなってきたら、あとはかぜの場合などと同様のケアをしてあげればOKです。

食欲がない間は水分補給をこまめに行い、食欲が出てきたらのどごしのいいもの、
やわらかいものなど消化のよい食事を少量ずつ与えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    2. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    3. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…

    ピックアップ記事

    1. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    2. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    3. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    ページ上部へ戻る