マイコプラズマ肺炎2

マイコプラズマ肺炎かどうかは、レントゲン検査や血液培養検査などでわかります。マイコプラズマ肺炎だと診断された場合は、
安静を保つため、多くの場合は入院が必要ですが、症状が軽ければ外来治療でも大丈夫です。

治療には、マクロライド系の抗生物質を使うほか、タンを切る薬などでせきを和らげます。

家庭でのケア

マイコプラズマ肺炎は、うつりやすい病気ですので、熱があったり、強いせきがある場合には、家で安静にします。部屋を暖かくして、
やかんや加湿器などを使って十分に加湿をしましょう。症状がよくなってきたら、あとはかぜの場合などと同様のケアをしてあげればOKです。

食欲がない間は水分補給をこまめに行い、食欲が出てきたらのどごしのいいもの、
やわらかいものなど消化のよい食事を少量ずつ与えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    3. 日本脳炎

      日本脳炎ウイルスに感染して脳に障害が起こる病気です。 豚が持つウイルスが、コガタアカイエカ…

    ピックアップ記事

    1. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    2. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    3. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    ページ上部へ戻る