マイコプラズマ肺炎1

マイコプラズマ肺炎は、肺炎の中でも5歳以上の子どもに多く見られます。4年に1度、周期的に流行が見られるのも特徴の一つです。

風邪から併発することが多く、ウイルスと細菌の中間的な性質を持った「マイコプラズマ」という病原体によって起こります。

マイコプラズマ肺炎にかかると、1週間~10日の間、38~39度の熱が続き、激しいせきが出ます。吐き気,嘔吐,
下痢などの消化器症状や、中耳炎・鼓膜炎などの耳の炎症を起こしている場合があります。

また,筋肉痛・関節痛・発疹などが出現する場合もあります。ひどくなると呼吸困難が起こり、
髄膜炎や中耳炎といった合併症を起こすこともあります。

風邪にかかったと思ったら熱がなかなか引かず、しつこい咳をしている場合は、この病気が疑われます。病院へ行って検査を受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    2. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    3. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…

    ピックアップ記事

    1. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    2. いわゆるエイズと呼ばれる病気は、性行為感染症の一種で、感染力が非常に強いのが特徴です。血液、精液…
    3. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    ページ上部へ戻る