マイコプラズマ肺炎1

マイコプラズマ肺炎は、肺炎の中でも5歳以上の子どもに多く見られます。4年に1度、周期的に流行が見られるのも特徴の一つです。

風邪から併発することが多く、ウイルスと細菌の中間的な性質を持った「マイコプラズマ」という病原体によって起こります。

マイコプラズマ肺炎にかかると、1週間~10日の間、38~39度の熱が続き、激しいせきが出ます。吐き気,嘔吐,
下痢などの消化器症状や、中耳炎・鼓膜炎などの耳の炎症を起こしている場合があります。

また,筋肉痛・関節痛・発疹などが出現する場合もあります。ひどくなると呼吸困難が起こり、
髄膜炎や中耳炎といった合併症を起こすこともあります。

風邪にかかったと思ったら熱がなかなか引かず、しつこい咳をしている場合は、この病気が疑われます。病院へ行って検査を受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    2. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    2. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    3. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    ページ上部へ戻る