スポンサードリンク

ポリオは「小児マヒ」とも呼ばれます。原因となるポリオウイルスに感染すると、最初は風邪のような症状で、発熱、頭痛、
嘔吐があらわれて麻痺が出現します。

一部の人は永久に麻痺が残ったり、呼吸困難によって死亡したりすることもあります。
日本でも30年ほど前までは流行を繰り返していましたが、今では予防接種の効果で自然感染は報告されていません。しかし、
世界ではまだまだポリオが流行しているところがたくさんありますので、予防接種が必要です。

ポリオは、感染した人の便中に排出されたウイルスが口から入り感染します。ポリオウイルスは腸の中に侵入し、
体の奥へ奥へと入り込もうとします。そのため、腸の粘膜にポリオの抗体が十分にあれば、
体の奥深くにウイルスが入る前に病気を撃退できるので、スポイトでワクチンを直接飲んで腸に働きかけます。

通常、ポリオの予防接種では副反応がほとんどでません。接種後に発熱がみられることがありますが、
ポリオの副反応ではなく他のウイルスによる発熱の場合がほとんどです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    2. AN001_L

      点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    3. AN001_L

      ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    2. AN001_L
      遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    3. AN001_L
      夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    ページ上部へ戻る