ポリオは「小児マヒ」とも呼ばれます。原因となるポリオウイルスに感染すると、最初は風邪のような症状で、発熱、頭痛、
嘔吐があらわれて麻痺が出現します。

一部の人は永久に麻痺が残ったり、呼吸困難によって死亡したりすることもあります。
日本でも30年ほど前までは流行を繰り返していましたが、今では予防接種の効果で自然感染は報告されていません。しかし、
世界ではまだまだポリオが流行しているところがたくさんありますので、予防接種が必要です。

ポリオは、感染した人の便中に排出されたウイルスが口から入り感染します。ポリオウイルスは腸の中に侵入し、
体の奥へ奥へと入り込もうとします。そのため、腸の粘膜にポリオの抗体が十分にあれば、
体の奥深くにウイルスが入る前に病気を撃退できるので、スポイトでワクチンを直接飲んで腸に働きかけます。

通常、ポリオの予防接種では副反応がほとんどでません。接種後に発熱がみられることがありますが、
ポリオの副反応ではなく他のウイルスによる発熱の場合がほとんどです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    2. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    3. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…

    ピックアップ記事

    1. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    2. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る