ポリオは「小児マヒ」とも呼ばれます。原因となるポリオウイルスに感染すると、最初は風邪のような症状で、発熱、頭痛、
嘔吐があらわれて麻痺が出現します。

一部の人は永久に麻痺が残ったり、呼吸困難によって死亡したりすることもあります。
日本でも30年ほど前までは流行を繰り返していましたが、今では予防接種の効果で自然感染は報告されていません。しかし、
世界ではまだまだポリオが流行しているところがたくさんありますので、予防接種が必要です。

ポリオは、感染した人の便中に排出されたウイルスが口から入り感染します。ポリオウイルスは腸の中に侵入し、
体の奥へ奥へと入り込もうとします。そのため、腸の粘膜にポリオの抗体が十分にあれば、
体の奥深くにウイルスが入る前に病気を撃退できるので、スポイトでワクチンを直接飲んで腸に働きかけます。

通常、ポリオの予防接種では副反応がほとんどでません。接種後に発熱がみられることがありますが、
ポリオの副反応ではなく他のウイルスによる発熱の場合がほとんどです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    2. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    2. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    3. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    ページ上部へ戻る