扁桃というのは、のどの両サイド部分にあり、赤ちゃんの時には小さく、次第に大きくなり、小学校の高学年でもっとも大きくなり、
大人になるにつれてまた小さくなります。

扁桃がウイルスや細菌に感染して炎症を起こした状態を扁桃炎と言います。扁桃炎は単独で生じることはなく、通常は、
咽頭炎の炎症が口蓋扁桃まで広がってできたものです。

原因は多くの場合、かぜと同じウィルスです。ウイルス性のものは心配ありませんが、細菌性のものは、
抗生物質による治療が必要になります。

38~39度台の熱が出て、のどが赤く腫れ、痛みを伴います。扁桃炎の場合は40度くらいの高熱が出ることもあります。

肉眼で見ると、口蓋扁桃の表面に発赤が強くみられるもの、扁桃の表面のくぼみに分泌物ががまり、黄白色の点がみられるもの、
扁桃表面に灰白色の膜がみられるものもあります。溶連菌や肺炎球菌などの細菌が感染源の場合は、扁桃が白い膿で覆われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    2. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    3. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    ページ上部へ戻る