スポンサードリンク

扁桃というのは、のどの両サイド部分にあり、赤ちゃんの時には小さく、次第に大きくなり、小学校の高学年でもっとも大きくなり、
大人になるにつれてまた小さくなります。

扁桃がウイルスや細菌に感染して炎症を起こした状態を扁桃炎と言います。扁桃炎は単独で生じることはなく、通常は、
咽頭炎の炎症が口蓋扁桃まで広がってできたものです。

原因は多くの場合、かぜと同じウィルスです。ウイルス性のものは心配ありませんが、細菌性のものは、
抗生物質による治療が必要になります。

38~39度台の熱が出て、のどが赤く腫れ、痛みを伴います。扁桃炎の場合は40度くらいの高熱が出ることもあります。

肉眼で見ると、口蓋扁桃の表面に発赤が強くみられるもの、扁桃の表面のくぼみに分泌物ががまり、黄白色の点がみられるもの、
扁桃表面に灰白色の膜がみられるものもあります。溶連菌や肺炎球菌などの細菌が感染源の場合は、扁桃が白い膿で覆われています。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    2. AN001_L

      斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    3. AN001_L

      XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    2. AN001_L
      遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    3. AN001_L
      疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    ページ上部へ戻る