扁桃というのは、のどの両サイド部分にあり、赤ちゃんの時には小さく、次第に大きくなり、小学校の高学年でもっとも大きくなり、
大人になるにつれてまた小さくなります。

扁桃がウイルスや細菌に感染して炎症を起こした状態を扁桃炎と言います。扁桃炎は単独で生じることはなく、通常は、
咽頭炎の炎症が口蓋扁桃まで広がってできたものです。

原因は多くの場合、かぜと同じウィルスです。ウイルス性のものは心配ありませんが、細菌性のものは、
抗生物質による治療が必要になります。

38~39度台の熱が出て、のどが赤く腫れ、痛みを伴います。扁桃炎の場合は40度くらいの高熱が出ることもあります。

肉眼で見ると、口蓋扁桃の表面に発赤が強くみられるもの、扁桃の表面のくぼみに分泌物ががまり、黄白色の点がみられるもの、
扁桃表面に灰白色の膜がみられるものもあります。溶連菌や肺炎球菌などの細菌が感染源の場合は、扁桃が白い膿で覆われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    2. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    3. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…

    ピックアップ記事

    1. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    2. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    3. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    ページ上部へ戻る