扁桃炎のときは、せきや鼻水はなく、熱とのどの痛みでぐったりすることが多いのです。
咽頭炎と同様ですが高熱が続くことがよくあります。

赤ちゃんの場合は、不機嫌になり、のどの痛みのため、おっぱいや離乳食を嫌がってしまいます。

扁桃炎の治療は、ウイルス性の場合は、風邪のときと同様に安静にしていれば、1週間ほどで治りますが、溶連菌が原因のときは、
症状が回復しても治療をつづけていく必要があります。

家庭でのケア

お家では、風邪と同じように安静と休養が大事です。のどの痛みや腫れで食欲がない時は、ミルクや離乳食は無理強いしないこと。
刺激の少ないメニューで、食欲に応じて少しずつ与えてみましょう。

食べられなくても水分が取れていれば心配ありません。白湯や麦茶はのどや口の中を清潔にするので、積極的に与えましょう。
のど越しのいい、消化のいいメニューを考えてあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    3. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…

    ピックアップ記事

    1. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    2. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    3. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    ページ上部へ戻る