尿路感染症の治療には、原因となっている細菌に効果のある抗生物質を使います。

症状の軽いうちに早く見つけて治療を行うと、だいたいはすぐに良くなります。しかし、尿路感染症に気づかずにいると、
敗血症や髄膜炎といった重症の感染症に進展することもあります。

しっかりと治すために、出された薬はきちんと最後まで飲むことが大切です。また、
水分を多く取らせておしっこをたくさん出すようにしてください。このことは、発病の予防にもなります。

何回も尿路感染症をおこしたり、感染症の程度が強い時には、尿路の異常かもしれませんので、専門医にかかり、
よく調べてもらうことが大切です。

予防で一番大事なことは、うんちがおしっこの出口に残らないように、前から後ろに向かってふくようにする事です。
赤ちゃんのオムツ換えのときなど気をつけましょう。

また、赤ちゃんはおむつをこまめに替えて、おしりの清潔を保つようにしましょう。自分でトイレに行けるなら、トイレを我慢しない・
途中でやめないということを教えましょう。

女の子は特に最後の拭きかたを前から後ろにするように教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    2. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    3. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る