オシッコは腎臓で作られ、尿管という管から膀胱(ぼうこう)にたまり、尿道を通って体の外に出ていきます。この通り道(尿路)
に細菌やウイルスが入り込み、炎症を起こす病気をひとまとめにして「尿路感染症」といいます。

正しくは、腎盂(じんう)に感染がおきると「腎盂腎炎(じんうじんえん)」、膀胱に感染がおきると「膀胱炎」といいます。

尿の流れは「上から下へ」の一方通行で、膀胱におりてくる尿は「無菌」状態です。一方、
体の外からは尿道を伝わって膀胱内にたえず細菌が入り込みますが、普通は尿をすると膀胱内が空になり、汚れた尿は残りません。ところが、
何かのきっかけで菌が繁殖し、尿路感染症になってしまうことがあります。

尿路感染症は、おしっこの出口から便の大腸菌が入って起こることが多く、
とくに女の子はおしっことうんちの出口が近いのでかかりやすいので注意しましょう。

尿路感染症の症状は、おしっこが近い、したばかりなのにまたしたくなる、おしっこが出るときに痛がるなどです。しかし、
痛みや症状を訴えられない赤ちゃんの場合は発熱だけのことが多いのです。

その他、不機嫌、ミルクやおっぱいの飲みが悪い、おなかがはる、下痢、嘔吐(おうと)、などの症状がでる事もあります。

とくに赤ちゃんの場合、咳や鼻水などのかぜ症状がないのに高熱があるときは、尿路感染症を疑い、
尿をとって白血球や細菌がいるかどうかを調べます。トイレでおしっこができない赤ちゃんは、おしっこを取るパックをはって尿を取ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    2. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    2. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    ページ上部へ戻る