オシッコは腎臓で作られ、尿管という管から膀胱(ぼうこう)にたまり、尿道を通って体の外に出ていきます。この通り道(尿路)
に細菌やウイルスが入り込み、炎症を起こす病気をひとまとめにして「尿路感染症」といいます。

正しくは、腎盂(じんう)に感染がおきると「腎盂腎炎(じんうじんえん)」、膀胱に感染がおきると「膀胱炎」といいます。

尿の流れは「上から下へ」の一方通行で、膀胱におりてくる尿は「無菌」状態です。一方、
体の外からは尿道を伝わって膀胱内にたえず細菌が入り込みますが、普通は尿をすると膀胱内が空になり、汚れた尿は残りません。ところが、
何かのきっかけで菌が繁殖し、尿路感染症になってしまうことがあります。

尿路感染症は、おしっこの出口から便の大腸菌が入って起こることが多く、
とくに女の子はおしっことうんちの出口が近いのでかかりやすいので注意しましょう。

尿路感染症の症状は、おしっこが近い、したばかりなのにまたしたくなる、おしっこが出るときに痛がるなどです。しかし、
痛みや症状を訴えられない赤ちゃんの場合は発熱だけのことが多いのです。

その他、不機嫌、ミルクやおっぱいの飲みが悪い、おなかがはる、下痢、嘔吐(おうと)、などの症状がでる事もあります。

とくに赤ちゃんの場合、咳や鼻水などのかぜ症状がないのに高熱があるときは、尿路感染症を疑い、
尿をとって白血球や細菌がいるかどうかを調べます。トイレでおしっこができない赤ちゃんは、おしっこを取るパックをはって尿を取ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    2. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    2. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る