川崎病の問題は、発熱して10日目ころからおこります。そのころから、心臓の血管の一部にこぶのようなふくらみが現れ、
冠動脈瘤を形成するのです。

半数近い子にみられ、3~4週目にもっとも大きくなり、その後はだんだん小さくなって消えるのがふつうです。

ただ、約20%のこどもにそのまま冠動脈瘤が残ってしまいます。そのため、ごくまれに、心臓からの血流がとぎれ、
突然死することがあります。

川崎病は、入院しての治療となります。原因が分からないので。原因治療は行えません。冠動脈瘤の形成を防ぎ、
それによる心筋梗塞を予防するため、急性期の炎症を改善する治療法をとります。

もっとも一般的に行われているのがアスピリン療法です。血がかたまるのを防ぎ、血行をうながす方法です。また、ヒトのガンマ-
グロブリンを静脈注射する治療法も有効とされます。

後遺症の冠動脈瘤については、血管がつまらないようにアスピリンによる抗血栓療法を行います。
大半は2年以内に冠動脈瘤が消えていきます。残るのは患者の3%ぐらいで、冠動脈がせまくなったら、
バイパス手術をして血管どうしをつなげます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    2. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    3. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…

    ピックアップ記事

    1. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    2. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    3. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    ページ上部へ戻る