川崎富作博士によって発見された原因不明の疾患で、後遺症の冠動脈瘤(かんどうみゃくりゅう)による小児心臓病が重視されています。

6つの特徴的な症状があります。

  • ・39~40度の熱が5日以上続く。
  • ・発熱と同時に手足の末端がぱんぱんに腫れて赤くなる。
  • ・発熱して2,3日すると、体に不定形の発疹があらわれる。
  • ・両方の目の白目が充血して赤くなる。
  • ・くちびるが真っ赤になり、舌にはイチゴのような赤いブツブツがみられ、口の中の粘膜が赤くはれる。
  • ・首のリンパ節が腫れる。

このうち、5つの症状がみられたら川崎病と診断します。熱が下がると、やがれ腫れもおさまり、はれた手足の皮膚がむけて落ちます。

原因については、ウイルス感染、最近感染、水銀やダニ、合成洗剤など、諸説がありますが、はっきりしていません。

4歳以下の乳幼児が発症の85%近くを占め、流行年のとくに9~11月ころがピークとされます。後遺症による死亡率は、当初は1~2%
でしたが、治療の進歩により、現在では0.3%くらいです。発病後2~4週間が予後のみきわめの重要な時期です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…

    ピックアップ記事

    1. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    2. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る