インフルエンザ2

インフルエンザには、従来のアマンタジンがA型にしか効果がなかったのに対して、
A型とB型に有効なリン酸オセルタミビルという薬が使用できるようになりました。

耐性ができにくく、
発症後48時間以内に服用しはじめれば経過の短縮や中耳炎などの合併症の抑制にも効果があるという治療報告もあります。
                     
また、熱に対しては鎮痛解熱剤が、さらに、肺炎などの二次感染予防のため抗生物質が使われる場合もあります。

脱水症状を防ぐため、十分に水分を補給し、安静にすることが大事です。衣服や湿度を調節するなど、そのほかの手当ては、
かぜ症候群と同じです。

熱が3~4日たっても下がらず、せきやたんがひどくなるようなときは、早めに受診します。熱が下がっても2、
3日はウイルスが排泄されていることもあるので、他への感染を予防する意味からも十分な休養が大切です。

お母さんがインフルエンザに感染しても、赤ちゃんに異常がでることはまずありません。熱が出ても、
もともと子宮内の温度は39度前後と高いので、胎児が高熱で苦しむことはありません。また、お母さんがせきこんだために、流産・
早産するという心配もありません。

ただお母さん自身がつらいですから、インフルエンザに感染しないように気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    2. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    3. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…

    ピックアップ記事

    1. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    2. 女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYと…
    3. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    ページ上部へ戻る