インフルエンザ1

スポンサードリンク

インフルエンザウイルス(おもにA型とB型)に感染して起こります。冬のはじめから春先にかけて流行することから、
流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)とも呼ばれます。

インフルエンザウイルスに感染すると、気道の粘膜細胞(ねんまくさいぼう)が侵されて、咽頭、結膜、鼻腔など粘膜に炎症を起こします。
もっとも多い症状は発熱と悪寒で、ふつうのかぜより強くでます。

細菌に感染しやすくなるため、中耳炎、副鼻腔炎(ふくびくうえん)、肺炎などにかかりやすくなるのが特徴です。ごくまれに脳症、
脳炎を合併することがありますが、原因は不明です。

潜伏期間は1~3日です。ほかにせき、頭痛、のどの痛み、疲労感、鼻みず、関節痛、下痢などの症状をともないます。
筋肉の炎症を起こし、足の痛みを訴える子もいます。

一般的に、ほとんどの発熱は2~4日でおさまります。ウイルスの型によっては2~3日めにいったん下がり、その後、
再び発熱することもあります。

熱が下がっても、しばらく、せきやたんが続くことが多いのですが、これは、気道の粘膜の機能が回復するのに時間がかかるためです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. AN001_L

      遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    3. AN001_L

      包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    2. AN001_L
      お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    3. AN001_L
      胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    ページ上部へ戻る