インフルエンザ1

インフルエンザウイルス(おもにA型とB型)に感染して起こります。冬のはじめから春先にかけて流行することから、
流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)とも呼ばれます。

インフルエンザウイルスに感染すると、気道の粘膜細胞(ねんまくさいぼう)が侵されて、咽頭、結膜、鼻腔など粘膜に炎症を起こします。
もっとも多い症状は発熱と悪寒で、ふつうのかぜより強くでます。

細菌に感染しやすくなるため、中耳炎、副鼻腔炎(ふくびくうえん)、肺炎などにかかりやすくなるのが特徴です。ごくまれに脳症、
脳炎を合併することがありますが、原因は不明です。

潜伏期間は1~3日です。ほかにせき、頭痛、のどの痛み、疲労感、鼻みず、関節痛、下痢などの症状をともないます。
筋肉の炎症を起こし、足の痛みを訴える子もいます。

一般的に、ほとんどの発熱は2~4日でおさまります。ウイルスの型によっては2~3日めにいったん下がり、その後、
再び発熱することもあります。

熱が下がっても、しばらく、せきやたんが続くことが多いのですが、これは、気道の粘膜の機能が回復するのに時間がかかるためです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    3. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…

    ピックアップ記事

    1. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    2. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    3. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る