咽頭結膜熱は、夏から秋にかけて学校のプールなどで流行的に感染しやすいため、別名プール熱とも呼ばれます。
アデノウイルスによって起こる夏かぜの一種です。

急に39℃くらいの高熱が出て同時にのどが痛くなり、目やにが出て目が赤くなります。首のリンパ腺がはれることもあります。
感染力が強く、上の子がかかると赤ちゃんにもうつります。

アデノウイルスに感染すると、約5日間の潜伏期間(症状のない期間)を置き、39~40℃の高熱が出て、3~4日間続きます。
強い喉の痛み(咽頭炎)、首のリンパ節の腫れ、目の痛み・涙や目やになどがおきます。他に頭痛・鼻水・咳などの風邪症状や全身の倦怠感、
時に下痢や腹痛を伴うこともありますが、1週間ほどで良くなり、合併症の心配はありません。

ウィルスが原因のため特効薬はありませんが、病院では、症状をやわらげる治療が行われます。

家庭でのケア

お家では、発熱に対しては解熱剤を使い、安静を保ち、消化の良い食べ物を取って栄養と水分補給に気をつけます。
のどごしのよい食事にして水分も十分に飲ませましょう。

また、おむつ替えの後などは、石けんと流水でよく手を洗ってください。発病者のタオルや洗面器、洗濯は家族と別にします。
タオルなどは塩素系の漂白剤の入ったもので別に洗うとよいでしょう。

咽頭結膜熱は、学校伝染病に指定されています。発熱、のどの痛み、目やになどの症状が消えても2、3日は保育園、幼稚園、
学校などは休ませましょう。予防接種も今のところありません。とくに流行している時には水泳前後のシャワーを入念に行い、
普段の生活でも手洗いを十分にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    3. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…

    ピックアップ記事

    1. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    2. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    3. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    ページ上部へ戻る